Pocket

「タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~」5話の感想で~す。

ワカがマリと同じペンダントを手に入れ、早速今回で使用。これで2人ともタイムトラベルが可能に!

始めはマリだけなのかな~と思っていただけにこれは新たな展開。

そしてマリの父である早瀬博士を必死に探す御影も大胆な行動に出始めましたね。これは一騒動起きそうな予感。

OP映像ではたくましく戦っているシーンもあります。肉弾戦でもあるのかな?

 

5話「ファラデーの憂鬱」

あらすじ

“サッカーばかりして成績が上がらない同級生・風太を心配するあまり、苛立って喧嘩をしてしまう和花。
言い過ぎたことを後悔した和花は以前に見つけたアーミラリーコンパスでタイムスリップし、 数時間前の風太との喧嘩を止めたいと訴え、真理や旬と口論しているうちに真理と共に1821年のロンドンにタイムスリップしてしまう。”

引用元:「タイムトラベル少女」公式サイトより

 

ワカも一緒にタイムトラベル!
これからは2人で過去の物語を進めて行きそう。

マリワカ51

出典:「タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 5話」(C) プロジェクト マリ・ワカ

 

マリと同じペンダントを手にしたワカ。

そういえばペンダントの名前が「アーミラリーコンパス」でした。もうだいぶ前からこのコンパスは存在しているようです。

本、アーミラリーコンパス、研究所地下にある装置が揃えば過去に行けるという事でしょう(コンパス所持者だけ)。ただ行くことが可能なタイミングは未だに謎。

ワカはずっとマリを見守っているだけでしたが、これで彼女自身も過去に行けるので2人が主体の場面が更に多くなりそうです。

これこそ マリワカ って感じ!

 

ファラデー登場~。
大好きだから夢中になれる。

マリワカ52

出典:「タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 5話」(C) プロジェクト マリ・ワカ

 

この人の言葉に惹かれました。数学ができなくても化学が好きだからこそ、そしてその好きという気持ちは誰にも負けないとおっしゃった。

でも電気化学の分野において名が残っているのはさすがです。強い気持ちと相まって努力が身を結び成果が出たのでしょう。

今回の話では大まかな実験という場面はなかったですが、次回にはありそう。

たとえ周囲から何と言われようと、自分の気持ちを貫こうとする彼の姿勢を素直に見習いたいです。

ここまでニコニコしている人なのかは分かりませんが、厳しい目を向けられながらも努力と成果を出した偉大さがこんな僕にも伝わります。

ちなみに僕は数学苦手でした・・・。

 

御影がついに行動に!
研究所をおさえるのか?

マリワカ53

出典:「タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 5話」(C) プロジェクト マリ・ワカ

 

研究所に直接乗り込む!

ではなくまさかのマリの母が働くお店へ。やはりこの御影という男、普通にイケメンですな!

早瀬博士を捕まえるために、まずは周りからおさえていこうという手段。この後の展開はまだわかりませんが、手がかりを得るまでは帰らなさそう。

研究所にはマリと旬がいます。出会った場合どうなることやら・・・。

 

5話に関する皆さんの感想


 

 

タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 公式サイト

 

メインキャスト

早瀬 真理/豊崎愛生

水城 和花/寿美菜子

水城旬/木島隆一

早瀬永司/森川智之

早瀬晶/戸松遥

早瀬理香/福緒唯

水城麗/井上喜久子

市川風太/山下大輝

御影丞/坪井智浩

黒木さつき/高垣彩陽

ギルバート/大川透

フランクリン/三木眞一郎

 

こちらの記事は

トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket