Pocket

タブー・タトゥー(TABOO TATTOO)9話の感想です。

BBだけでなくトーコまでもいなくなってしまった。絶望するセーギの元にワイズマンという男が現れ、この男こそセーギを呪紋に巻き込んだ張本人。

悪い人ではなさそうで、BBの意志を継ぐ者と自ら名乗る。王国との力の差を見せ付けられたセーギ。これからどうやって戦っていくのだろう・・・。

 

9話「過去」

あらすじ

“セーギは辿る…BBの記憶を。そこには、米国の呪紋研究の資料を手土産に軍を抜け出し、セリニスタン王国へ身を寄せた若き日のBBの姿があった。「地球上から全ての呪紋を無くしたい」というイジーの願いを叶えることが目的である彼は、呪紋研究の先進国である王国へと接触し、その方法を模索しようとしていた。だが、王国の呪紋研究の中枢へと潜入したBBは、そこで驚愕の事実を知ることになる…。”

引用元:タブー・タトゥー公式サイト

 

王国と米国の呪紋知識の差

タブー91

出典:タブー・タトゥー9話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

BBが持つ呪紋はアリヤから貰ったそうで。王国は呪紋についての研究において、米国とは比べ物にならないくらい進んでいる様子。アリヤの言動から察するに、米国の研究について呆れているかのような雰囲気も出ていました。

BBが王国に侵入したのは呪紋を破壊する技術を求めての事。これはイジーの望みでもあるし、やはり相当彼女の事を想っていたのが伝わりますね。

もし目的がばれたのなら命さえも奪われかねない状況なのに、ここまでの行動に出られるさすがBB!

舌に浮かぶ呪紋をチラッと見せるこの仕草お気に入りかも。

 

アリヤの姉妹?
サンサーラにはまだ謎がありそう。

タブー92

出典:タブー・タトゥー9話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

研究の秘密があるといわれるサンサーラに突入したBB。そこでクジュリというアリヤ似の女性が出迎えてくれる。

OPに多くのアリヤ似の女性がいた謎がここでようやく分かりました!呪紋の次元を超えるためにアリヤが作られたという。そして彼女はもっとも優秀な成功作。

そして他のものは失敗作だということ。これだけの人数なので実験も相当な数が行われてきたのが分かりますし。でも姉妹と表現するところ、お互いそれぞれ仲は良さそう。

この姉妹・・・、それぞれ性格は全くバラバラなんですね!皆がアリヤと性格も全く一緒だったらどんなことになっていたのやら!!クジュリはかなり温厚そうで良い人という印象。

 

ブラフマン隊長「アジタ」

タブー93タブー94

出典:タブー・タトゥー9話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

カルはブラフマン副隊長、そして今回出てきた隊長のアジタ。ソースがかなり不気味、これは何か虫なのか?

出番はそこまでだったけど隊長という名も背負っているので、実力は当然高いと予想!能力は見たところ空間に閉じ込める?そんな風にも見えました。

カルだけでもBBを圧倒するのに、このアジタまでセーギ達の前に現れるとなると、更に厳しい戦いになるのは間違いないでしょう!

 

皆さんの感想

 


 

最後に

アリヤの正体が少しだけですが明らかになってきた気が!でも絶対まだまだ秘密が眠っていますよね~。

BBも命がけで行動を起こしていた、そのBBから託された意志をセーギは今後どう生かしていくか!たださえ手ごわいブラフマン、次は誰がセーギ達と戦うのだろうか・・・。

 

タブー・タトゥー公式サイト

 

メインキャスト

セーギ/古川慎

イジー/小松未可子

トーコ/安済知佳

アリヤ/鬼頭明里

トム/杉田智和

リサ/喜多村英梨

ラーカー/津田健次郎

イル/井澤詩織

カル/生天目仁美

BB/森川智之

サンダース/玄田哲章

 

こちらの記事は

トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket