Pocket

タブー・タトゥー(TABOO TATTOO)12話の感想になります。

いよいよ最終回を迎えました。段々と今期のアニメが終わっていくのは寂しく感じます。

アリヤの元へ勝負を挑みに行ったセーギ。今なら勝てそう!そう思えるほど成長したセーギだけど、アリヤからすれば弱くなったとしか捉えられない。

そして力の差は歴然と現れ、イジー達の前では串刺しとなっていたセーギ。玉城とイジーはセーギの為に時間を稼ぐことを選択。

救われたセーギ、だが圧倒的な差を見せ付けられたにも関わらずセーギは諦めていなかった。

 

12話「決戦」

あらすじ

“イジーらが遺跡を進んで行くと、そこには、串刺しにされたセーギの姿があった。呪紋使用の反動で復元能力も弱まり瀕死状態となっていたのだ。イジーと玉城は、作戦の鍵であるセーギを連れて逃げるようトムに告げ、その時間を稼ぐためアリヤの前に命を賭けて立ちはだかる。自分を救うために戦うイジーらを感じたセーギは、「復讐」に囚われていた自分の過ちに気づき、皆を救いたいと願う…。”

引用元:タブー・タトゥー公式サイト

 

ワイズマンもくせ者?

タブー121

出典:タブー・タトゥー12話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

イジー達でもアリヤを止める事はできず、セーギはイジーの元にヘリからダイブした。

ここからはワイズマンの掌で踊らされているような気がしました。セーギの弱さの原因にも気付いており、それを乗り越えるためには何が必要なのかも知っていそうな様子。

そしてアリヤの力の源はセーギにも繋がったことも指摘!呪紋について一番詳しいのは、やはりワイズマンなのかもしれませんね。

まさかアリヤの勘違いについても気付いているとは思えなかった。もしかしたアリヤより怖い存在になるなんてのも有り得るとか?

 

怪獣対決?
いや直接対決!

タブー122

出典:タブー・タトゥー12話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

これはソースの姿になったと言えばいいのかな?アリヤは自ら、そしてセーギはワイズマンの手によってこの姿になる。

まさか2人の対決がこの変貌した姿での直接対決になるとは意外でした!

最初はやはりアリヤが優勢。しかし自分の弱さを理解し気持ちの面で改めたセーギはトムの声に目を覚ました。

やはり体術ならセーギは強い!能力での強さならまだアリヤの方が上だと思いますが、セーギも能力を徐々にコントロールしているような様子。

こうなってしまえばアリヤにとって状況は最悪の方向になり、以前までとは逆の立場になっていまいがち。

 

タブー123タブー124

出典:タブー・タトゥー12話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

アリヤの追い込まれている所は初めて見た様な。

あの余裕綽綽の表情はどこにもなく焦っているのが丸分かり。まさかセーギがここまで強さを引き出せるとは思ってもいなかったのでしょう。

また再戦を約束するかのようにアリヤは逃走。次は彼女がセーギに挑む形になるのかな。

でもセーギとしてはトーコの敵討ちでもあったので、ここで決めたかったかもしれない。でも次からは序盤でも冷静に戦うことができる。

 

2期ありそうだけど・・・。

タブー125タブー126

出典:タブー・タトゥー12話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

続きをまた放送しそうな感じですがどうなのだろう。

アリヤは南極での決着を望んでいるし、謎のおじさんも出てきている。これはあると期待できるかもしれない。

ただ詳細がまだ分からないけど・・・。

でもアリヤとの決着は見たいのが本音です。

 

皆さんの感想


 

最後に

あぁ終わってしまった・・・。バトルシーンにかなりハマりました!

少し展開についていけず追いついて、理解するのに苦労した部分もあったけど面白いアニメ。セーギとアリヤの戦闘は多めに取ってほしかったとは多少思うかな。

まだまだ内容を知りたいので2期があることを期待します!

感想も内容に迷う部分が多かったですけど何とか追いつきました。やはりバトルに惹かれ書き始めて良かった♪

 

タブー・タトゥー公式サイト

 

メインキャスト

セーギ/古川慎

イジー/小松未可子

トーコ/安済知佳

アリヤ/鬼頭明里

トム/杉田智和

リサ/喜多村英梨

ラーカー/津田健次郎

イル/井澤詩織

カル/生天目仁美

BB/森川智之

サンダース/玄田哲章

 

こちらの記事は

トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket