Pocket

タブー・タトゥー(TABOO TATTOO)1話の感想になります。

もう次のクールのアニメが始まりました。どれから見ていこうかなぁとなっていたのですが、タイトルに目を引かれタブー・タトゥーを見ました。

バトルが多そうで謎の組織とも戦っていくような印象を受けました。異能系に近いといえばいいのかな。

主人公は巻き込まれた感じですが、ヒロインの立場にあるブルージィ=フルージィの教えを受けながら成長し問題に突っ込んでいくストーリー?

この作品は真じろうさんによる漫画、月刊コミックアライブに2010年1月号より連載。まとめて読みたいものです。

 

1話「呪紋」

始まりはここから。
あのおじさん明らかに怪しいだろ!

タブー11

出典:タブー・タトゥー1話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

「それが全ての始まりだった。」
まさにそう。もうこの時点で主人公の赤塚 正義(以下セーギ)は戦いに身を投じることになった。おじさんを不良の手から守り。まさに名前の通り正義感が強そうな主人公。

このおじさんを救ったのがきっかけ。担当の声優が速水 奨さんだったので何者か気になります。なんか悪役のような気がしてならない!

 

タブー12

出典:タブー・タトゥー1話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

おじさんからお礼のように渡された何か、それがセーギの手に溶け込むように浸透した。これがこのアニメの主体となる「呪紋」と呼ばれるもの。アニメの中でブルージィ=フルージィ(以下イジー)からの説明がありました。

・それぞれが固有の物質。

・トリガーを充填することが起動条件。

・呪紋の操者はシールドと呼ばれる。

・シールドの身体能力が飛躍的に上がる。

・超常的な現象を発動させることが可能。

・超科学兵器。

分かりやすい!でも使い方を間違えたらやばそう。イジーはチョークがトリガーとなり常に持参しているみたいですね。その力は絶大なものだと分かりました。

 

イジーが強すぎる!
それでもセーギを認めてくれた?

タブー13タブー14

出典:タブー・タトゥー1話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

始まって数分でヒロインとバトルが開始!セーギも充分な強さがあるように見えたけど、イジーはもっと強かった。

年齢もセーギより上だという事が判明、でも見かけはそれほど離れているように見えない。その謎も気になる。

セーギと戦っているイジーは試しているように見え、圧倒してセーギに勝利。でもセーギの強さを認めているようにも見えましたね。

呪紋についての説明もしてくれたりと、セーギにとって導き手となる存在になるのは間違いないはず。しかし年齢はいくつなのか?

 

トリガーは血?
イジーの様子からただ事ではなさそう。

タブー15

出典:タブー・タトゥー1話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

ベアテディとの戦いで起動したセーギの呪紋。血をトリガーとしているようにも見えた。その力は恐ろしいほど強力でベアテディを一瞬で吹き飛ばし、その凄まじさはイジーが目を伏せるほど。

血かぁ~、起動するためには毎回流血しなければならないと考えたら・・・。まだ血がトリガーと確定したわけではありませんが、これなら持ち運びをし続けることもないですね。

 

タブー16

出典:タブー・タトゥー1話
©2016 真じろう・KADOKAWA刊/タブー・タトゥー製作委員会

 

イジーの様子を見るにセーギの事はただ事ではなさそう。「ボイドメーカー」と言ったのでしょうか?もし間違っていたら申し訳ないです。

小さい空洞を作るものという意味でその名前が付いたのだろうか?この能力についても早く知りたいなぁ。

セーギが貰った呪紋はおそらく稀少、あの恐ろしいほどの力ゆえかもしれない。だからこそイジーはただならぬ様子になったのでしょう。

力の使い方を教えてくれる展開もありえそうですね。

 

皆さんの感想


 

最後に

バトルがメインとなっていきそうで面白いアニメだなと思いました。ヒロインが主人公を導いていくようにも考えられますし、それによって成長していくのが1話1話進むごとに分かるのも好きです。

まったくあらすじも知らないままだったけど、説明もアニメの中であって分かりやすかった。内容について未熟な所もあるとは思いますが、頑張って感想を書いていこうと思います。

 

タブー・タトゥー公式サイト

 

メインキャスト

セーギ/古川慎

イジー/小松未可子

トーコ/安済知佳

アリヤ/鬼頭明里

トム/杉田智和

リサ/喜多村英梨

ラーカー/津田健次郎

イル/井澤詩織

カル/生天目仁美

BB/森川智之

サンダース/玄田哲章

 

こちらの記事は
トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket