Pocket

第11話「はつこいトランペット」

あらすじ

あすかも無事に復帰し、ひと安心な久美子。
あとは全国大会に向けて練習するのみのはず……だったが、なぜか麗奈は久美子を避けるようになって!?
困惑する久美子を麗奈は夜の大吉山に連れ出す。

TVアニメ「響け!ユーフォニアム2」公式サイトより

 

大事な話は大吉山なのです!

出典:©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

大吉山と聞けば、久美子の唇ぷるんが思いだされますなぁ(*゚▽゚)あれは名シ-ンだった!いま思い返すとあそこから2人の百合関係は始まったのだった。

しかし今回はそれが崩壊するかもしれないという不安の中訪れたわけでして、久美子同様見ていてドキドキハラハラしました~麗奈がほんとに怖い!

山頂に着くまでの道中の雰囲気やばす。おわかれ植樹って(笑)

「だってわかるわけないよ!・・・」「傷つけたくなかったから」「ごめん」「もう奥さんいないんだよ」「私・・・応援してるよ」久美子成長したねほんと。あすかとの一件なかったらこれらの言葉もなかった気がします( ̄ー ̄)bグッ!

結果的に麗奈は久美子に真実を知ったときにすぐ言って欲しかったわけで、なんか見ていてこんな状況よくあるよなぁって思いましたねぇ(゚д゚)気を遣って言わなかったのにそれが逆効果で喧嘩みたいな。

まあ今回は麗奈がすぐに折れてくれて関係崩壊とならなくて良かった!って本当にそう思いますね。さすが麗奈という感じか。。いやこんな風になっちゃうなんて麗奈らしくない。

出典:©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

麗奈の叫びは1回目の大吉山を思い起こさせてくれました。麗奈の後姿もね。安定の美しい夜景作画に美しいキャラ作画最高です!

そうそう、麗奈が滝先生に奥さんがいることを知っていて言わなかった久美子に対して怒っていることは分かっていたけど、大吉山での麗奈の話でなぜこれだけ彼女がショックを受けていたかをやっと理解したっていうね(笑)

そうか麗奈と滝先生は昔からの付き合いで、親同士も知り合いなのだから先生に奥さんがいることくらい話は通っているはず。なのに麗奈はいままで知らなかった。

そりゃあショックだわ(ノ ̄□ ̄)ノオオオ

もし久美子がいなかったら・・・麗奈立ち直れていないよね。

 

優子先輩への麗奈の「立て直します」がかっこよすぎた!!

出典:©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

ってか中学時代の麗奈と滝先生の絡み素敵。あんな顔で微笑まれたらそりゃ惚れるわ。いやそのまえからもう惚れてるか(^O^)

そんなことを考えたりしちゃってて集中力切らしまくりの麗奈を優子先輩が気にかけてくれるとは!昔はあんな確執あったのにね~優子先輩は見た目によらずにほんと器が大きいなぁ♪

出典:©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

「何かあるなら話してよ・・・」とツンデレ感MAXで言う先輩に麗奈が微笑むシーン神でした~これ実際かなり救われたでしょ。

出典:©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

でもこれの返しがさすが麗奈。悩み相談はせずに「ありがとうございます。すみません。立て直します。」この表情が個人的にめっちゃ心つかまれた!

出典:©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

そしてそんな麗奈に対する「ったく麗奈らしいな」とでも言いたげな優子先輩の表情も良かった♪心あったまるシーンでしたなぁ(″″)

 

麗奈の覚悟と滝先生への気持ち 

麗奈と久美子が職員室に行くシーンから橋上での演奏のラストまで、麗奈の覚悟がこれでもかって伝わってくる展開と演出でした♪

まず、敢えて滝先生に奥さんのことを質問した麗奈の勇気ね。久美子はバカって言ってたけど、滝先生に直接話を聞くことで先生がどれだけ奥さんを愛していたのか、今でもどれだけ想いがあるのかを知れると思っての行動なはず。

奥さんのことが今でも凄い好きで、「顧問で全国で金賞」という彼女が抱いていた夢を叶えたいと思っている滝先生の気持ちを知った麗奈は、先生が好きだからこそ、いまは余計なことは考えずに、滝先生の為に、その先生が大好きな奥さんの為に、お墓の前で全国金賞を誓う。

出典:©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

久美子の信頼と自信に満ちた表情の「獲ろう、絶対」という言葉のあと、決死の覚悟だと言わんばかりのまっすぐな麗奈の表情が何とも心地よく、本番に向けて気持ちを高めてくれる最高のアプローチ回だったという印象を受けました。

 

みなさんの感想


最後に

次回は全国本番か!?こんな神回見せられたら金賞取れるのかこっちまで緊張してきた(>_<)

 

TVアニメ『響けユーフォニアム2』公式サイト

<STAFF>

原作:武田綾乃(宝島社文庫「響け!ユーフォニアム」シリーズ)
監督:石原立也
シリーズ構成:花田十輝
キャラクターデザイン:池田晶子
シリーズ演出 :山田尚子
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:竹田明代
楽器設定:髙橋博行
撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:松田彬人
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
演奏協力:フレッシュマン・ウィンド・アンサンブル2014
音楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会/京都アニメーション/ポニーキャニオン/ランティス/楽音舎

<CAST>

黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳

田中あすか:寿 美菜子
小笠原晴香:早見沙織
中世古香織:茅原実里
中川夏紀:藤村鼓乃美
吉川優子:山岡ゆり
鎧塚みぞれ:種﨑敦美
傘木希美:東山奈央
塚本秀一:石谷春貴
後藤卓也:津田健次郎
長瀬梨子:小堀 幸
黄前麻美子:沼倉愛美

松本美知恵 :久川 綾
橋本真博:中村悠一
新山聡美:桑島法子
滝 昇:櫻井孝宏

<主題歌>

オープニング:「サウンドスケープ」TRUE
エンディング:「ヴィヴァーチェ!」北宇治カルテット

この記事はキンジが担当しました。
Twitter(@areluja1)もやってますのでよかったら絡んでくださいな~


Pocket