Pocket

こんにちは
トーマです(。・ω・)ノ゙

ライブドアニュースにて
スマホのディスプレイの割れたことについて取り上げられていました。

スマホ

 

 

“もはや多くの人にとって、「絶対に欠かすことが出来ないものトップ10」……どころかトップ3に食い込んでいるほど、我々の生活に欠かすことの出来ないスマートフォン。それに伴い、スマホにまつわるアクシデントも増えているが、その一つが「ディスプレイの破損」である。

おそらく多くの人は「ディスプレイが破損したスマホ」を見たことがあるハズだが、自分がなった経験はあまりないに違いない。そこでつい先日、まんまとスマホのディスプレイが破損してしまった筆者が、『スマホのディスプレイが割れてしまった人あるある30』をお届けしたい。これを読んで、その悲しみを少しでもわかってもらえれば幸いだ。

・スマホのディスプレイが割れてしまった人あるある30

その01: まさか自分がなるとは1ミリも思っていない
その02: むしろ「なんで割れるんだよ(笑)」と思っていた
その03: 割れた瞬間の「バキョッ」という音が耳から離れない
その04: 数週間前まで保護シールは貼ってあった
その05: 空気が入りすぎたので剥がしてしまっていた
その06: なんですぐに別のシートを貼らなかったんだ……
その07: 「だいたい、1枚1000円以上するとか高すぎだろ」と逆ギレする
その08: でももう後の祭り
その09: 割れた画面をおそるおそる触る
その10: 親指の表面が砕けたガラスでキラキラ輝いている
その11: 「ちょっとキレイ……」
その12: そんなわけない
その13: 親指にチクリと痛みが走る
その14: でもスマホを触るのはやめられない
その15: 親指だと怖いから、人差し指スタイルに変更する
その16: でももちろん痛い
その17: スマホの反応は意外と悪くない
その18: 画面も意外と見づらくない
その19: だんだん割れたディスプレイに慣れてくる
その20: 一瞬「もうこのままでいいか」とさえ思えてくる
その21: 「ちがうちがう、そうじゃない」と、どこからともなく聞こえてくる
その22: 修理代金を調べる
その23: 「1万オーバーか……」と無感情に受け入れる
その24: 「いっそ機種変しちゃおうかな」と思い、他社のプランを調べ始める
その25: だが、そのどれもこれもに踏ん切りがつかない
その26: でも一応バックアップを取ったり、準備は始める
その27: 時間がないことを言い訳にする
その28: だんだんと、ディスプレイが割れていることさえ忘れはじめる
その29: 「ちがうちがう、そうじゃない」と、どこからともなく聞こえてくる
その30: 「明日こそ行くぞ!」と決心して眠りにつく”

 


~トーマのコメント~

確かに画面が割れたスマホを触っている人は結構いるかも(*゚□゚)/
僕はまだスマホの画面が割れたことはないのですが、身近にいます。

「なんで変えないんですか?」と聞いてみたら
「ん~めんどくさいからいいんです。だってまだ使えるし」

なんか上記と同じような意見ですね。
ちなみにその人のスマホの画面が割れた理由は

落として車が上をブーン

だそうです。でもよく動いてますね、やっぱ頑丈なのかな(。し_し。)

画面が割れたらショックなのは間違いないですが
落とすだけでもショックですよね。
やっぱりカバーや保護シールは必需品かも(=^ー゚)


Pocket