Pocket

こんにちは
トーマです。

10月30日と31日はハロウィンで色んな場所で大盛り上がりでした。
電車の中では仮装をした人が多く、ウォーリーがいたり、魔法使いがたくさんいたりして
この時期ならではの雰囲気でしたね。

ただこの時期になると毎年ニュースでやっているのが

渋谷でのハロウィンの後のゴミ問題

まだ僕も渋谷でハロウィンを過ごしたことがないのでなんとも言えないのですが今回取り上げさせていただきました。

電車の中ではこのようなメイクをした人を見かけたりしましたね。

ハロウィン


 

11月1日のニュースでは渋谷がゴミでいっぱいだということで、ボランティア、子供たちが掃除をしていることが話題になっていました。
自分で出したゴミは自分で処理して欲しいものですよね。

そして地域の方の意見は

「自分だけが楽しければよいのか?マナーとモラルを守って欲しい」

「参加者がゴミを放置して、ゴミの山になっている。おかげで公衆トイレのようなニオイがする」

のような意見がチラホラ。

衣服が放置されている画像もありました。
どうやって帰ったのかな?酔って我も分からず帰ったかもしれません。

 

 

楽しむのは個人の自由だとは思うのですが、周りに迷惑をかけるのは絶対にいけないですよね。
ましてや今回のゴミの処理には子供達にも迷惑をかけています。

こういった後の問題が起きないためにも街全体で協力していって
ハロウィン等のイベントも盛り上がっていけたらなと思います。

11月1日のハロウィン後、ゴミの話題に対する反応

 

 

こう見ると同じ思いの人はやっぱりいますよね。
ただ今回のゴミのことに関しては渋谷のハロウィンだけでなく、他のイベントに対しても同じことは言えます。

ライブに行ったりしてその時はただ純粋に楽しいかもしれませんが、後からゴミなどが散乱してたらやっぱりいい気分にはなれないと思う。かといっても他の人に呼びかけようにも正直厳しいですよね。じゃあまずは自分から積極的にゴミなどを処理していくのが良いのではないでしょうか。

先ずは自分から行動に移していって、他の人に少しづつでもいいから呼びかけいく、そういう人が増えていったらイベントの後もスッキリ終われると思います。


Pocket