Pocket

キンジ(@areluja1)です。

2016年6月26日にフジテレビ「フジバラナイト SAT」枠にて放送された「RS計画 -Rebirth Storage-」の感想を書きます!

いまさら感ありますが(笑)

夏アニメ何観ようかなって考えていたときにこの作品の存在知って、あれ?1作品だけ放送日早いなぁと思っていたのですが、これがまさかの全1話というオチでした。・・・いやただ情報不足だっただけです。。

というのも本作品は、「僕たちの見たいメカアニメをつくろう製作委員会」というフジテレビ、ディー・エヌ・エー、エブリスタの3社が企画したオリジナルTVアニメ製作プロジェクトの第1位作品が放送されたものなのです。

プロジェクトについて詳しくはこちら

30分の話?ではなく、完結するわけでもなく、まさにプロローグ的な話で終わりを迎えるというね。

記憶を失う運命を背負った2人の少年少女の物語がいま始まる!!ってところで中断された感じ(笑)

続編が制作されることを願ってます(ノω・、) ウゥ・・・

「RS計画 -Rebirth Storage-」感想

出典:『RS計画 -Rebirth Storage-』60秒本予告映像 YouTube 『RS計画 -Rebirth Storage-』チャンネルより

ストーリー概要

西暦2025年――
突如出現した未知の脅威「機巧」は人類への攻撃を展開し、多くの都市がなすすべもなく破壊された。
窮地に立たされた人類だったが、日本で機巧の残骸が発見されたことをきっかけに設立された
「東京機巧研究所」(東機研)を拠点に、機巧の兵器利用の研究が進められていく。
毒をもって毒を制すべく、機巧をもって機巧に対抗せんとするその方策は、人類に残された唯一の希望だった。

そして9年後。
発見された残骸を手がかりに開発された主力機巧「むっつ」の実戦投入が近づいていた。
「むっつ」搭乗パイロットの候補生として選ばれた
少年・佐神凛(さがみ・りん)と少女・御堂結絃(みどう・ゆづる)は、
人類の未来という大きすぎる希望を背負いながら、課せられた任務に果敢に立ち向かっていく。
だが、ふたりを待ち受けていたのは、あまりにも過酷な運命だった――

「RS計画 -Rebirth Storage-」公式サイトより

 

記憶のフォーマットという設定は面白い。
でも今回はいろいろ説明不足で混乱。

未知の生命体から守るために作られたロボットに、何らかの理由で選ばれた学生が乗って戦うというありがちな設定かと思いきや、真実が明かされたときは驚きました。

”むっつ”に乗るのは人体に多大なる負担が生じる。その実験体となったのが主人公・佐神凛とヒロインの御堂結絃だったわけですね。

2人がメインパイロットとサブパイロットを入れ替わり行き来して、お互いの記憶を犠牲に命を繋いでいるということですよね?

30分アニメという制限だからかもしれませんが、説明不足すぎて何がどうなっている話なのかよく分かりませんでした。何か壮大な話というのは伝わりましたが(笑)

真実を知った凛が冷静すぎて違和感が。自分の記憶が作り物なんてそんなにすぐに受け入れられない衝撃でしょ(笑)疑心暗鬼に陥るレベルです。

物語の最後では「真のRS計画が始まる」みたいなことをドヤ顔で言っていたけれど、「RS計画」自体理解できていないのに真とか言わないでください(笑)

Rebirth Storage

記憶(装置)を蘇らせる、再生・記憶(装置)もしくは貯蔵や保管

日本語訳何なんでしょうね。

 

ロボの動きは完全にエヴァ、敵はアクエリオン。

制作側の知識に乏しいのでイメージで話しますが、初見で「エヴァだ」って感じましたね。人間みたいな動きをする人型ロボット。でもこれはパクりではなく崇拝でしょう。目指せエヴァ的な感じでしょうか?

肉弾戦は言うまでもなく、これなんて弐号機にしか見えない(笑)

RS計画1

出典:©2016 R.S.PROJECT 「RS計画 -Rebirth Storage-」より

六車譲治と三島雪の関係がミサトさんと加持さんっぽいしね。。

”むっつ”や”ななつ”っていう機体のネーミングセンスは独特で好きです♪

尚、敵はアクエリオンっぽい。

 

キャラクターについて

RS計画2

出典:©2016 R.S.PROJECT 「RS計画 -Rebirth Storage-」より

僕が唯一気に入ったのはヒロインの御堂結絃ですね。

ツンデレ感が良い♪しかも眼鏡でパッツンとか最高すぎる!!

病室で見せた笑顔は神でした~( ̄ー ̄)bグッ!

でもなぜいきなり笑顔見せて照れたのかは不明。

他のキャラはイマイチ。なんかパッとしない印象でした。結絃ももっと改善できるでしょ。

 


みなさんの感想

 

最後に

厳しい意見ばかりですね。。

これ僕よりももっと上の世代の人が見たらもっと駄作に見えるのでしょうか。

 

通称「メカつく」がどのような評価を受けているかは知らないが、こうやって一般の熱意のある人の企画がプロの技と合わさって1つの作品になって、そしてTV放映される。凄い夢のあるプロジェクトだなって思いました。

でも全体的に物足りなさを感じたっていうのが本音です。
物語設定が興味深いので表現方法次第でもより面白い作品に化ける気がするので勿体無さがあります。(素人が偉そうに言ってすみません)

「RS計画 -Rebirth Storage-」をこれから応援すると同時に、この作品がこれから大きくなっていくことを期待します!

コミカライズがマンガボックスにて公開しているみたいなので早速読みます♪

mangabox.me

 

<スタッフ>

原案:ロール

脚本:岸本みゆき

監督:亀井 治

メカニックデザイン:佐藤周一郎

キャラクターデザイン:政尾 翼(DeNA)

プロデューサー:松尾 拓(フジテレビ)/野上雄一郎(DeNA)

 

<キャスト>

佐神 凛:内山昂輝

御堂結絃:上坂すみれ

三島 雪:中原麻衣

六車譲治:日野 聡

志水佳織:佐倉綾音

沢渡雄一郎:星野貴紀


Pocket