Pocket

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)9話の感想になります。

スバルを苦しめていた呪術師は村にいると確信しいざ村へ。いつの間に呪いをかけられたのか謎だったので、いつも以上に見るのが楽しみな9話でした。

今回も予想外なことばかりといったのが率直な感想です。辛さを何度も乗り越え、段々とスバルが強くなっているのが分かります。そんなスバルに対しエミリア達も彼から目が離せない状況になっているのは間違いないはず!

スバルの成長、呪いをかけた者、レムの鬼並みの強さ。この辺りが非常に印象深かったです!

 

9話「勇気の意味」

接触で呪いが発動!
呪術師ってこの犬?

リゼロ91

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活9話」© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊

 

ベアトリスのおかげで左手につけられた傷が呪いの源だと判明!

え?あれ?これってあの犬が噛んだ傷じゃないか!ということは犬が呪術師?なんにせよこの犬が呪いをかけているのは間違いない。てっきりスバルのお尻を触ったお婆さんが呪術師かと思っていました!

そういえば以前もスバルは村でこの犬に噛まれていた。それが原因で衰弱死、ということは別の時間軸でレムもこの犬と接触し呪いをかけられたのだろうか?もしかしたら別の犯人もいるかもしれませんね。

これでやっと判明し意外すぎて驚きました。この犬は後で魔獣と一緒に出てくるの同類かと思われる。

レムが言うには魔獣は魔女が生み出したもの。これで魔女の存在は確定したが、果たしてスバルを見込んでいる魔女と関連があるのだろうか?

もしかしてスバルが目的なのかと思ったけれど、よく考えると違うかな~って。

なぜならスバルだけでなくレムにも呪いをかけているので、勝手な予想だけど目的はスバルではないと思われます。じゃあロズワール家の屋敷の人物を狙っている?

でも村の子供も呪いをかけられていたから無差別に狙っているのかもしれない。

 

もう逃げない!
そんなスバルの姿がカッコイイ!

リゼロ92

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活9話」© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊

 

居なくなった子供達を助けるために自分がすべきことを説明するスバル。レムに止められても進もうとする彼は幾度と「死に戻り」を経験したから止まらない。

おそらくスバルはここで子供を見捨ててしまえば、自分は呪いを回避できたけれど依然と同じような思いをすると考えたのではないだろうか。

エミリア達だけ助けても仲良くなった子供達を見捨ててしまえば、また辛い思いをするのは間違いないとスバルは気づいたのかもしれません。

死んで得た経験を生かし徐々に進んでいく、そんなスバルの前向きな姿勢は見ているだけでカッコイイなと思います。できれば今回こそは次の段階へ進んで欲しい!

 

鬼に反応していた理由。
まさか本当に鬼だとは思わなかった!

リゼロ93

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活9話」© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊

 

」という言葉にラムとレムが反応していることがいくつかありました。呪いの原因だけでなくまさか双子メイドの正体にも驚きました。

魔獣の攻撃からスバルを守るため傷ついたレム、立ち上がると笑い声と共に頭から角が生え圧倒的な強さで周りを一蹴する。

魔女や魔法使いもいれば鬼がいても不思議じゃありませんね。レムが鬼だという事は双子であるラムもそうだと思われます。ただ鬼の状態に入ると正気を失っているみたいなのであまり多様はしていなさそう。

自分が鬼だから「」という言葉に反応していたのかぁ~、まるで自分の事を言われているかのように捉えていたのでしょう。

果たしてラムの方は鬼になるとどれくらい強くなるのかも気になります。ただでさえ強かったのにどうなることやら・・・!

鬼である彼女達が憎む魔女はいったい何をしたのかという事も今回の事件で明らかになるかもしれない!

 

皆さんの感想


 

最後に

今回も気になるところがいくつか明らかになりました。まだまだ高い壁はあるけれど確実に前へ進んでいるのがわかります。

スバルの前向きな姿勢が次の段階へ進行させているのでしょう。それを後押ししてくれたのは屋敷の皆がいてこそだと思います。

大怪我を負ったスバル。レムの叫びに目覚めることは可能なのだろうか!!

 

リゼロ公式サイト

 

メインキャスト

ナツキ・スバル/小林裕介

エミリア/高橋李依

パック/内山夕実

フェルト/赤﨑千夏

レム/水瀬いのり

ラム/村川梨衣

ベアトリス/新井里美

ラインハルト・ヴァン・アストレア/中村悠一

エルザ・グランヒルテ/能登麻美子

ロズワール・L・メイザース/子安武人

 

こちらの記事は
トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket