Pocket

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)13話の感想になります。

フェルトが王選に出てきて前回は終了。呪術師やエルザの話までは血が飛び交うという印象だった。

でもこれから進行していく王選編では各自の関係でドロドロしていきそうですね。「スバルがこれから崩れていく」というような話を聞いたことがありましたけど、まずいと言うか重たくなりそうです。

内容が政治っぽくジーっと見ないと追いつけなさそうで理解するのに頑張っています。

安心したといえばフェルトが相変わらずだった!

そしてスバルにはまたまた修羅場が訪れ始めている!

キャラも多くなってまだまだ盛り上がるこのアニメ。エミリアたん・・・。

 

13話「自称騎士ナツキ・スバル」

相変わらずのフェルト。
でもそのままだから安心した!

リゼロ131

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活13話」© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊

 

フェルトにも竜の巫女としての素質があったから、ラインハルトは急ぐ様子で彼女を連れ帰ったと。

出てきた時は大人しく高貴な振る舞いのような印象だったけど、即座に蹴りが飛んだりで何故か安心でした!てっきり催眠術でもかけられて操られてるのでは?なんて思ったりもしていたけど、そんな事はありませんでしたね。

かなり乱暴な性格だけど根は優しいフェルト。スバルの傷の具合を確かめたり、王という立場に興味はなかったけど、捕まったロム爺を助けるために王選への意志を示した。

ラインハルトはこの展開を読みきっていたのかもしれません。本当に何もかもがクセのある剣士だなぁ~。

 

リゼロ132

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活13話」© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊

 

王になれば貴族や騎士も全部壊す!と言ったフェルト。要するに立場とか決められた役職みたいなものが嫌いなのかも。ある意味見下したりする人も減って、良い傾向に向かうような気もする。でもそれを阻止しようとするライバルも手ごわい!

「いずれフェルト様のお言葉は、誰しもに届くようになります」

ラインハルトが言うんだから実現しそう!王にならなかったとしても、フェルトの意志は多くの人に刻まれているのかもしれません。

 

リゼロ133

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活13話」© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊

 

このメンバーで王の席を争うとなると、どんな対決になるのか楽しみですね。

今のところプリシラが大いに目立っていますが謎は深そうで、クルシュ、アナスタシアの事もこれから更に明らかになっていきそうです。

王を取れば自分の理想の国を作れるのだとしたら、独裁主義もいればフェルトのように何もかもを無くそうとする面白い王も生まれるかもしれない。

全員が手強そうだが厳しい声にも負けずに頑張れエミリア!

 

誰のため?
スバルとエミリアの関係はどうなることやら!

リゼロ134

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活13話」© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊

 

ここからが修羅場と言うわけか。

スバルとエミリアの関係がだいぶギクシャクしてきて、普段とは全く別の表情で説明するスバル。少し恐怖を感じたかもしれない。

エミリアにとってスバルの行動はお願いをしたわけでもなく、約束をしても守れず追いかけてきたスバルに厳しい言葉をぶつける。これは辛いところだけどエミリアにとってもスバルの事が大事だからだろう。

スバルの事を信じていたエミリア・・・。うーん、これはまずい展開になってきた。スバルがあそこまで喰いついたのは自分の中で何かが壊れたからなのかも。

自分の行動においての間違いというか勘違い。

スバルは伝えたい真実があるけどあの手が邪魔をして伝えれない。

王選の話は呪術師の話よりも荒れそうな予感。でも死に戻りの回数は減りそうだけど・・・。

 

皆さんの感想


 

最後に

スバルが段々エミリアとまずいことになっている。早く戻らないと!エミリアをもっとスバルは支えていって欲しい!

王選の話は複雑ですね。キャラが一気に出てきたのと同じく、難易度も上がった気がします。

タイトルから「自称」って入っていたけど見て納得。頑張って本当の騎士になるんだスバル!!

 

リゼロ公式サイト

 

メインキャスト

ナツキ・スバル/小林裕介

エミリア/高橋李依

パック/内山夕実

フェルト/赤﨑千夏

レム/水瀬いのり

ラム/村川梨衣

ベアトリス/新井里美

ラインハルト・ヴァン・アストレア/中村悠一

エルザ・グランヒルテ/能登麻美子

ロズワール・L・メイザース/子安武人

プリシラ・バーリエル/田村ゆかり

アルデバラン/藤原啓治

クルシュ・カルステン/井口裕香

フェリックス・アーガイル/堀江由衣

ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア/堀内賢雄

アナスタシア・ホーシン/植田佳奈

ユリウス・ユークリウス/江口拓也

 

こちらの記事は
トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket