Pocket

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)11話の感想になります。

魔獣に噛まれ呪いをかけられたスバル。そんな窮地に奮闘し暴走するレムだったが、スバルと姉であるラムの頑張りにより正気を取り戻す。

迷惑をかけたことに否定的になるレム、それは過去に起こった事件での出来事が原因だった。でもそこで自分を責めていてもどうしようもない。

ますますピンチに追い込まれる中、救いに現れたのはロズワールだった。やはりとんでもない強さと思った方も多いはず。

屋敷に戻っても自分を追い詰めるレム。そんな彼女に救いの手を差し伸べたスバルの姿は、やっと乗り越えられた自信に漲る様そのものでした。

 

11話「レム」

姉のようになりたいレム。
全ては姉の代わりになるため!

リゼロ111

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活11話」© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊

 

生まれて角が折られるまではラムの方が優れていたのか。こんな過去があったとは衝撃だった!

おそらくラム達を襲ったのは魔女関連の組織で、だからこそレムはスバルから漂う「魔女の残り香」にただならぬ思いを抱いていたと判明。

小さい頃から仲が良く、でも魔法などがラムはレムよりも優れており、レムはそんな姉の姿がうらやましかったのでしょう。ラムはそんな妹を優しくカバーし立派なお姉ちゃんの姿でした。

角が折れたのは自分のせいだと思ってしまったレム。角がなくなったからラムの優れた力がなくなった。鬼の力の源は「」らしいですね。だからまだ角が残っているレムはあれほどの力を発揮できることが分かります。

でも角の力だけでなくてラムに追いつくために努力した結果じゃないかなぁ~って思ったりもします。頑張り屋さんのレムだからこその結果。

たとえどうなろうとレムの事を優しく見守っているラムはさすがです。どれほど大事にしているかがより分かる過去のお話でした。

 

レムがスバルを呼んだ!
その声はまるで大事な人を呼ぶが如く!

リゼロ112リゼロ113

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活11話」© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊

 

レムにとってスバルがどれほど大事になったか分かるところでもありました。

なんせラムの背中から無理矢理離れてまでスバルの事を呼んでいましたし。スバルの説教はレムにとって非常に心打たれるものだったのだろう。

一人で背負わず周りに頼る大切さを教えたスバル。そしてレムが思い出すのはスバルの逞しい正義に溢れた行動の数々、助けるつもりが助けてくれた人。

これはもうレムにとってスバルが輝いて見えるのは当然でしょう!!

魔獣の最後はロズワールの手助けによって何とかなりましたが、レムが真っ先に飛びついたのはスバル。生きててくれたことがどれほど嬉しかったかは言うまでもありません。

スバル・・・うらやましいな。

 

レムはレム!
笑って明日の事を話そう♪

リゼロ114リゼロ115

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活11話」© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊

 

スバルはカッコよすぎだしレムは笑顔が可愛すぎるよ!

やっと呪術師の死の連鎖からは逃れられてよかったです。周りに頼ることの大事さを教えたスバルだったけど、このことはスバルにも同じことが言えました。

最初は一人で解決しようとしていたスバル。でも一人では悲惨な運命から逃れることはできませんでした。

繰り返していくうちにベアトリスやエミリアといった屋敷のメンバーの協力を得て、今回のような笑顔の結末を迎えることができました

自分を責め続けたレムだったけどスバルに教えられ、明日に向かってこの笑顔をずっと見せ続けて欲しい。

ここまで素直に話を聞いてもらい、大切なことを教えてくれた人に出会えたからこそ見せた笑顔なんじゃないかなって思います。これからはレムもスバルに頼っていってほしい!

 

皆さんの感想


 

最後に

やっと笑顔が見れた~!これでレムもスバルにもっと関わっていきそうです。

何回も辛い思いをしてきたからこそ今の立派なスバルがいますね。こんな素晴らしい結末を迎えれてスバルの頑張りに天晴れ!

エミリアの笑顔も見れたし今回は笑顔祭り♪このアニメのキャラの笑顔はなぜこうも惹かれるのだろうか。

あまり触れなかったけど呪術師の正体は子供だと?どの子だったんだか気になります。

 

リゼロ公式サイト

 

メインキャスト

ナツキ・スバル/小林裕介

エミリア/高橋李依

パック/内山夕実

フェルト/赤﨑千夏

レム/水瀬いのり

ラム/村川梨衣

ベアトリス/新井里美

ラインハルト・ヴァン・アストレア/中村悠一

エルザ・グランヒルテ/能登麻美子

ロズワール・L・メイザース/子安武人

 

こちらの記事は
トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket