Pocket

第13話(最終回)「家族」

あらすじ

巨大な殻を捨てヨハンのレガリア・オフルマズドは真の姿を見せる。対するアレクトは黒い炎に包まれ、限界を迎えていた。サラ、ティア、イングリッド、ケイ、ノアも見守ることしか出来ない。絶望的な状況の中、諦めかけるレナ。だがユイは違った。皆の思いを明日に繋げるために、ユイとレナは最後の戦いに挑む。

TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」公式サイトより

 

みんなの笑顔が素敵なハッピーエンド!このアニメについて振り返ります!

良くも悪くも何でもありで結末まで迎えちゃった!

どういう終わり方するんだろうって最終回は期待してたけど、意外な展開もなく終わったなっていう印象を受けた。

みんなが笑顔で励まし合って、「エリニウス」のレガリア3体が合体して必殺技を決めてヨハンやっつけて、めでたしめでたしでハッピーエンド(^v^)合体したレガリアは本当かっこよかった!

レガリア13 1

出典:(C) Regalia Project

この終わり方しかないとは思うけど、せめてエピローグをもっと描いてほしかったなぁ。OVAに期待かな。

最終回だけで感想述べると、個人的にはけっこう良かったとは思う♪なんといってもユイとレナの笑顔が最高だった!

レガリア13 4

出典:(C) Regalia Project

レガリア13 3

出典:(C) Regalia Project

レガリア13 2

出典:(C) Regalia Project

あとルクスちゃんね!

ラストに向けての盛り上がりもあったし、、普通に良い最終回だった(>_<)!

 

全体を通して振り返ると、結局ストーリーが最後まで頭に入ってこなかったんだけど、

「レガリア The Three Sacred Stars」-wikipediaを見たらけっこう頭に入ってきて、まあ話の概要が理解できたかな。ってゆうか毎話参考にしていた(笑)

いやそれじゃあダメだろう(笑)細かい内容はともかく後付で知識を入れないと理解できないアニメって。

ストーリーが悪いというより、ストーリーの見せ方が悪かったのかな?

レガリアっていう先人が生み出した産物がきっかけとなって、現代に生きるユイが運命の渦へと巻き込まれていくっていう壮大なストーリーの割には、ストーリーがとても安っぽく感じられた。

それがストーリーが悪いっていうことになるんだろうけど、つまり例えるなら、箱はしっかりしているのに箱の中身はすっからかんってことだと思う!

特に物語の後半戦、ヨハンにルクス・エクスマキナに連れて行かれてから、ユイとレナの精神世界は訳が分からなかった。最終回にいたっては何かと笑ってごまかしていたし(絵的には最高だったけど♪)、レガリアであるレナ、ティア、ケイは何千年もの時を生きているみたいだけど、その貫禄はまるでなしで、その設定にする必要があったのかな?って。あ、廃墟の野宿シーンのみ生かされていた。

 

なんか文章にまとまりがないので、このアニメの良かった点と悪かった点を書くよ~

良かった点

・音楽(OP、ED含む)

劇中歌はほんとにめっちゃ好きだった!敵に立ち向かうときに流れるメインテーマかっこよすぎるぅ!!

オープニング 「Divine Spell」のTRUEさん、エンディング「Patria」のMinamiさんの2曲とも神曲でしたし、音楽の素晴らしさは近年でもトップクラスじゃない!? 

・キャラクターデザイン

見てるだけでニヤニヤしちゃう可愛さ満点のキャラデザ♪

・ロボアクション

前半のレガリア・ギアで挑んできた2人との戦闘シーンで衝撃を受けた印象が強いなぁ。萌えキャラが乗っているっていうのも熱い♪

・日常シーン

途中から話が頭に入ってこなくてもう日常だけでいいやんって思っていた(笑)

 

ほんとにこの4点は良かったと思います!非常に!

だからこそもったいない感が凄い。。

悪かった点

・ストーリー

もうこれに尽きる。

・たまに作画ミス

休止後は安定していた!?6話~7話にかけて飛行機から落下する前に描かれたティアの顔が忘れられない(笑)

 

このアニメが伝えたかったこと

レガリア13 5

出典:(C) Regalia Project

ユイやレナが感じていたことに尽きると思います。

・失って初めて気づく日常の大切さ

・自分がいかに周りに支えられて生きているか

・孤独の寂しさ

・1人ではできなくても2人ならできる(1人ではできなくても人と協力し合えば可能になる)

・想いは受け継がれていく

改めて文章化するとメッセージ性のある良いアニメだったなって思うけど、こうやって振り返ってやっと感じるっていう。

 

みなさんの感想


最後に

人の感想読んでたら最終回に関してはウケは良かったっぽいね♪

キャラと音楽はとても良かったので、その分ストーリーの見せ方がもっと違うかったらっていう悔しさのようなものがある作品だった。

でもその2つが良ければこれからも記憶に残るだろうね。

とりあえず来年発売されるレナのねんどろいどは欲しい(^_^)/来年7月って・・・売れるのか!?

緒方さんの代表作がレガリア・ヨハンになることを祈る。いや本渡さんの代表作がレガリア・ユイになることを祈ります!

最後になりましたが、これまでレガリアの感想を読んでくれてありがとうございました~

 

 

TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」公式サイト

<CAST>

ユイ:本渡 楓 
レナ:佐倉 綾音
サラ:久保 ユリカ
ティア:小倉 唯
イングリッド:瀬戸 麻沙美
ケイ:東山 奈央
レツ:金元 寿子
ヨハン:緒方 恵美
アオイ:浅倉 杏美
ナル:井口 裕香
マーガレット:勝生 真沙子
マーシャル:家中 宏
テオドア:宇垣 秀成

<主題歌>

オープニング主題歌:TRUE 「Divine Spell」
エンディング主題歌:Minami 「Patria」

<STAFF>

原作:Delegation of Enastoria
監督:登坂 晋
シリーズ構成:小柳 啓伍
キャラクター原案:QP:flapper
キャラクターデザイン・総作画監督:西尾 公伯
メカデザイン:鈴木 勘太
サブキャラクターデザイン:常盤 健太郎
美術監督:片平 真司
色彩設計:原田 幸子
撮影監督:田中 恒嗣
音響監督:岩浪 美和
音響効果:小山 恭正
録音調整:山口 貴之
音楽:高橋 諒
音楽制作:ランティス
プロデュース:インフィニット
アニメーション制作:アクタス

 

この記事はキンジ(@areluja1)が担当しました。
Twitterも更新していますのでよろしくお願いします♪


Pocket