Pocket

無彩限のファントム・ワールド
第4話 「模造家族」

ある意味、願いを叶えてくれたファントムでした

ファントムに対して、冷ややかな印象を持つ玲奈の両親。
そして彼女自身は「ファントム・イーター」。

なんとも複雑な環境です。
玲奈の家族について、今回の話でようやく分かりました。
それにしても門が厳重すぎる!おそらく金持ちなのでしょう。

reinah

reinah2

いつもの丁寧すぎるほどの口調は家族に対しても同じでした。

声優の立木さんがお父さんの役をしていて
威圧感たっぷり!さすが過ぎます。でも本人の顔は出てこなかった。

 

その代わりにファントムの世界では可愛いキャラというかウサギで登場(笑)

reinah4

全然厳しそうじゃねぇ・・・!
むしろ癒されそうじゃないですか?

でも何で玲奈は今回ファントムの世界に引き込まれたのか?

答えは、まとめてみると

玲奈が理想としていた家族

その思いがあり、そこを突かれたから。

 

先ほども触れたように、玲奈の両親はファントムを嫌っています。
そして姉もいるのですが、親に嫌気がさし家を出ているみたい。

でも玲奈としては、両親と姉が揃っての家族で過ごしたかったみたいで、ファントムはそれを再現してくれました。ある意味願いを叶えてくれたといってもよいのでは?

reinah5

reina6

こんな風に家族団らんを楽しみたかったのが玲奈の本望でしょう。
今回のファントムは「玲奈の思いを反映した」ということで
玲奈だけが影響するのかと思いきや晴彦と舞も見事に取り込まれるという始末!

しかも最初は玲奈以外は意識がしっかりしていたが、この世界の「食べ物」を食べたら見事に取り込まれてしまった。

reina8

最初は晴彦と玲奈を助けようと、自信たっぷりに乗り込んだ舞だったが
ルルが調子に乗って、食べ物を舞の口に入れてしまう。

reinah7

reina9

このとき「終わった」と思いました。
満面の笑みで会話を楽しんでます♪

ちなみにルルはファントムのため食べ物の効果はないようです。

 

このままではヤバイ!でも今回のMVPは晴彦だった!

幸せそうな家族ですが、明らかにこのままではまずい状況!
そんな時トイレに行った晴彦が正気を取り戻した。

reinah10

なぜトイレ?
となるのですが晴彦の知識が今回も炸裂。民俗学がなんたら・・・?

そしてまずは玲奈を正気に戻そうとする。

reinah11

いくら説明しても効果がなさそうだったので
晴彦は大胆な行動に出る!

reinah12

ラブシーンきたぁぁぁ!!

と思いきや。

reina13

reinah14

reinah15

「無礼者ー!」

はい!当然そうなりますね。
でもおかげで意識を取り戻した玲奈。晴彦はトイレに突っ込みましたが!

 

この世界は玲奈の夢に依存した世界でもあり
帰るのに少し戸惑いを見せる玲奈。

そこへファントムが話しかけてきて
玲奈に本当の家族になろうと勧めてくる。

reinah16

reinah17

ここはすんなり終わるとは思ってなかったです。
玲奈としては望んだ家族像を選びたい!

そしてファントムのほうへ歩き始めます。

 

ここの晴彦の説得が感動した!

reinah18

どうやら晴彦の家族も複雑な環境にあり、必死でそれを玲奈に伝える。
母と父が上手く行かなくて、晴彦も父とは険悪な関係、でも家は出ず、母が帰ってくるのをずっと待ち続けている。

すこし解釈をしてみましたが、ここはアニメで直に聞くのが一番かと。

似たような境遇を持つ晴彦ならではの説得は
玲奈の心に響き現実の世界への帰還を選択。

reinah19

reinah20

たとえ相手がファントムだとしても
理想の家族を再現してくれたことに感謝の言葉を送った玲奈!

ファントムにも人間と同じように色んな性格があるのでしょう。

 

最後に

今回の話、感動しましたよ!
人の理想を再現してくれるとか、素晴らしく良いファントムでした。

でも何だかんだ印象に残ったのは、やはり晴彦。
あの説得が素晴らしい。いつもがイジられまくりなんですよ(笑)
しかも謎の一つだった彼の家族環境も、これで少し分かりました。

舞の活躍が少し控えめでしたね。
と言うことは次回は大いに活躍?
そろそろ小糸と久瑠美の出番も近いのでは?


周りの感想


Pocket