Pocket

第14話「交錯するカンケイ」

 

あらすじ

鬼呪装備の本当の力を引き出すべく、優たちは鬼の具現化に挑戦する。一方、吸血鬼の世界にいるミカはフェリドの提案で、貴族が話し合う吸血鬼上位始祖会に居合わせていた。そこでは人間が密かに研究している”終わりのセラフ”を巡る議論が行われていた。人間、吸血鬼の思惑とはいかに・・・


セラフ14 1セラフ14 6セラフ14 7セラフ14 8セラフ14 9セラフ14 10セラフ14 11セラフ14 12セラフ14 14セラフ14 13セラフ14 15セラフ14 16セラフ14 17セラフ14 19

 

<今週の名言>

「ああ、お前が俺を欲しがってくれるから、俺はお前を救いに行ける。」

「ミカが必要としてくれるなら。グレンやシノアたちが俺を必要としてくれるなら。俺は、悪魔でも何でもいい。」

フェリド「手を握れよ、クルル・ツェペシ。」

君月「ま、今回はそのバカっぷりに助けられたわけだが。」

 

<主題歌情報>

オープニングセラフ14 4

とてもカッコイイ曲( ̄ー ̄)bグッ!
いままでのfripSideと少しテイストが違うね。そんな気がする。

エンディングセラフ14 20

やなぎなぎさんの声って唯一無二ですよね。
なんかアクエリオンのエンディングっぽい曲。

<みんなの感想>

 

 

<キンジのコメント>

まず主題歌が両方最高だった!毎回聴いちゃうねこりゃ。 オープニング映像で気になったのはここ。セラフ14 2 グレン隊に深夜が!グレンと仲良いからといえ、ここに立ってるってことは帝鬼軍に嫌気がさしてこっち側に来るってことか。 セラフ14 5 優とクローリーの長尺戦闘シーン!対決シーン楽しみだな♪

クローリー「君、この前の仮は返してもらうよ」 優「もうあんな姿にならなくても、お前には負けねぇ」 って感じかな?  

 

ここからはストーリー感想。

優と君月が鬼の具現化に成功して一安心。

与一があれだけ強いなら、この2人は果たしてどれだけ強いのだろう。吸血鬼との戦闘が楽しみ♪鬼箱の9つカウント後に何が起こるのかすごい気になる(^人^)

上位始祖会では遂にフェリドが本性を現したね〜(まえからプンプンしてたけど)

「手を握れよクルル・ツェペシ」のときの顔で今までの爽やかなイメージが崩壊した(笑)

クルルは相当苛立ってたし、吸血鬼同士での争いがこの先起こることは間違いないだろうな。クルルに頑張ってほしい。悠木碧ちゃんの声最高っす。ほんと演技の幅広いな〜

君月の妹役の黒沢ともよちゃんも凄い声優になる気がする。ユーフォで実力が知られたしね。今回も存在感出てた(>_<)まどマギのまどか役の碧ちゃんと、今回のともよちゃんの声がそっくりだった。

 TVアニメ「終わりのセラフ」公式サイト


Pocket