Pocket

第6話「そだちロスト其の参」

 

あらすじ


 

老倉育のマンションを後にした阿良ヶ木暦と羽川翼は、”老倉の知りたいもの”つまり彼女の母親が失踪したときの密室の謎、そしてその母親の現在の居場所について考えていた。そこへ現れた忍野扇は、「私にはもう解けちゃってますけどね」と2人に呟くのだった。

終6 1 終6 2 終6 3 終6 4 終6 5 終6 6 終6 7 終6 8 終6 9 終6 10 終6 11 終6 12 終6 13 終6 14 終6 15 終6 16 終6 17 終6 18 終6 19 終6 20 終6 21


今週の格言


 

「そんな胸部の肉塊で阿良ヶ木先輩を誘惑したわりにねぇ。」

羽川「私は何度だって阿良ヶ木君を横取りする!」

「僕が嫌われることでその分あいつが自分を好きになれるなら、あぁ、そっちの方がいいな。」

「幸せというのは競争じゃないしな。」

「たとえ仇でも老倉に返せるものがあって、本当によかった。」

老倉「何かがあるかもしれない、何かが変わるかもしれないと思って。そうしたら、、」

「次はこんなにうまくいくとは限りませんよ。一寸先が闇なのは、夜道だけではありませんから。」

 

みんなの感想


 

 

キンジの感想


 

老倉物語、遂に完結ですね!(ですよね?)

とても綺麗な終わり方だったなって印象うけました( ̄ー ̄)bグッ!
と同時に、少し無理やり終わらせた感は否めないですが(笑)
手紙に「なんて書いてあったと思う?」っていう締め方は気にはなりますが、視聴者の想像力に任せるってことでしょう。小説でも同じなのかな?

後半のBGMも美しかった。扇ちゃんのテーマバラードヴァージョン♪

ともあれ壮絶な過去があって現在まで引きずってた老倉ちゃんが前に進めて本当によかった。笑顔が似合うよ。クセのある良いヒロインだった。

そのきっかけを作った黒幕が扇ちゃんなのかな?!自転車に乗って話してた会話が曖昧すぎて愚か者の僕には理解できませんでした。原作読みたい。一体何者なんだ?

前半の扇VS羽川はまたしても見ごたえ十分だった(^^)
胸をわしづかみにしたり、羽川翼って呼び捨てにしたり、扇ちゃん恐るべし。
羽川は白髪化したら急に頭の回転が速くなってびっくり!猫物語で説明ありましたっけ?見直さないと。。

そしてガハラさんのメール(笑)
暦兄さんに嫉妬します。ガハラさんに○○されたい。したい。

次回の物語も楽しみです♪

 

TVアニメ「終物語」公式サイト

 


Pocket