Pocket

マイナビウーマンより話題に上がっていたニュースを取り上げました。

「男性が結婚相手にしたくない女性」についてです。

今回の記事は男性からの視点ですが
あれば女性からの視点の記事も上げたいと思います。

あくまでアンケートですのでご了承願います。

結婚は相手との相性が良くないとしないもの。
結婚すると、その相手と今後ずっと過ごしていく可能性も大なので、相手を選ぶ時かなり慎重になると思います。

好みのタイプがあるように、「結婚だけは勘弁」というタイプもあるらしく
そのアンケート結果になります。

7位以下は省略させていただきます。

2015年7月 Webアンケートにて
回答数 105件
22歳~39歳の男性

ズバリ!質問の内容は?

「一番結婚相手にしたくないと思う女性の条件は?」


・1位  「喫煙者」  39%

 

“・「気の荒いタイプが多いので気遣いが多くなりそうなのと、かつて家族の喫煙でホトホト苦労した経験から」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「健康にも悪いし、お金もかかるから」(28歳/自動車関連/技術職)
・「子どもの健康が心配」(27歳/人材派遣・人材紹介/営業職)”

 

喫煙している人はお金が掛かるという意見は良く聞きます。お互いが喫煙者なら同意の上でかもしれないですが、子供がいたらちょっと嫌がるかも。
ただ、気が荒いというのはその人の考えであって必ずしも全員はそうではないかなと思いますね。
節約や、子供にも周りにも影響が来ると考え、できることなら非喫煙者と結婚はしたいという意見と捉えてもいいのではないでしょうか。


 

・2位  「浪費家」  28.8%

 

“・「金遣いが荒いと、色々トラブルが起きそうなので」(27歳/情報・IT/技術職)

・「生活が成り立たなさそうだから」(28歳/小売店/販売職・サービス系)”

 

お金を次から次へと使われたらそれは困ったものです。
普段から豪快にお金を使う人と結婚したいですかと聞かれても「はい」なんて答える人は少ないと思う。
計画的にお金を使おうとしてもいつの間にかお金が無いなんて事態はトラブルの発端にもなるし管理力の強い女性が魅力的なのかも。


 

・3位  「子ども嫌い」  5.7%

 

“・「子どもが出来たら虐待する可能性があるから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「育児は女性の仕事だと思うから」(23歳/電機/技術職)”

 

子どもが好きな人にとってはかなり厳しいかもしれません。子どもが嫌いであれば育児のほうがかなり不安になります。
育児は夫婦両方でやれば問題ないと思うのですが、もし子ども嫌いな奥さんが一人で育児をしなければならない状況になったら、旦那さんの方は不安で仕方ないでしょう。
でも子どもができたら自分も同じように育ってきたと理解し、愛情を込めて育児に励むのがいいと思います。


 

・同率3位  「専業主婦希望」  5.7%

 

“・「自力で生活する気のない女は、感謝の気持ちをもたない甘えの精神があると思うので」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「自分がハードな仕事をしているので、専業主婦希望だと、その苦労を知ってもらえなさそう」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「共働きで家事も分担したいから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)”

 

結婚した後も働いている女性は最近多くなっている傾向にあります。
妊娠や出産後などはさすがにすぐ働くのは厳しいと思いますが、「結婚したから生活費は旦那が」という考えは男性からしたら納得がいかないのでは。
結婚した後もお互いに働いて、家事も協力し合って過ごせる相手を望んでいるのでしょう。


 

・5位  「無職」
・同率5位  「料理ができない」

 

「無職」について

「無職だと親に紹介しづらい」という意見の男性も多いみたいです。
でも会社がつぶれたとかの何かしらの理由があれば親の方々も理解はしてくれるんじゃないかと思うのですが。
さすがに「働く気が全く無い」とかだったら結婚は躊躇いますね。

「料理ができない」

男性は「家事力」が高い女性を求めているらしい。
料理ができる女性は男性の理想の一つではないでしょうか。
でも「自分ができないから料理はできてほしい」なんて意見を耳にしたことがあります。それはズレてるんじゃないかと正直思いました。お互いに料理ができてこそ、協力して家事をこなしていけるんじゃないでしょうか。



今回のこのアンケートの全体を通してのコメント

結婚したくないと思う女性は外見でもなく、性格でもなく、普段の習慣または女性の考え方ではないでしょうか。
喫煙者が1位だったのは意外でした。でも非喫煙者からしたらやっぱり考えるところあるんでしょうね。
家事や常識もあり仕事もできても喫煙者というだけで抵抗がある男性もいます。

この人となら一生過ごせる」って確信しないと結婚には思い切って踏み込めません。
お互いの考えや、価値観を双方理解しあってこそ運命の相手と結婚ができるのではないでしょうか。


Pocket