Pocket

第12話「ナナキは心の鏡」の感想です。

無理やりな展開は多かったけれど、うまくまとめられていて良い最終話だったと思います。

ナナキって万能だな♪

マヨイガ12 2

出典:©diomedea・Ponycanyon/project迷家 TVアニメ「迷家-マヨイガ-」第12話より

12話のメインキャラ感想

光宗

マヨイガ12 4

出典:©diomedea・Ponycanyon/project迷家 TVアニメ「迷家-マヨイガ-」第12話より

なんといっても光宗が主人公になった日!ってくらいに主人公していてかっこよくて惚れました!これから颯人と真咲の三角関係が始まるんだろうな(笑)マイマイと光宗の絡みを見たかった!そこだけが唯一残念だった点です。いや切実にね。

真咲

マヨイガ12 3

出典:©diomedea・Ponycanyon/project迷家 TVアニメ「迷家-マヨイガ-」第12話より

レイジとの話は切なくて感動しました。レイジを受け入れて光宗に心入れ替えた真咲。光宗やるなぁ。

おままごとしていた「はいレイジどうぞ」の言い方かわゆす。。

颯人

マヨイガ12 9

出典:©diomedea・Ponycanyon/project迷家 TVアニメ「迷家-マヨイガ-」第12話より

「あいつらを殺せー!!」「この・・・ビチグソ女がーー!!!」

こはるんではなくて颯人がラスボスでした(笑)気狂いすぎだろ。。

でも光宗の言葉に改心してナナキを受け入れた颯人はイケメンでした( ̄ー ̄)bグッ!

こはるん

マヨイガ12 10

出典:©diomedea・Ponycanyon/project迷家 TVアニメ「迷家-マヨイガ-」第12話より

ボス化したこはるんは、まさかの神様の娘で、老化した父を助ける為に父のナナキを探していたというオチでした。こはるん好きだったので生粋の悪者ではなくて良かったです。真咲やヴァルカナに見せた優しさは偽りではなかったようです。

「すっとこどっこいー!!」やっぱりこはるん可愛い♪

ヴァルカナ

マヨイガ12 7

出典:©diomedea・Ponycanyon/project迷家 TVアニメ「迷家-マヨイガ-」第12話より

やっぱりヴァルカナはイケメンだった。後半は役立たずだったけれど(笑)
こはるんとうまくいくと良いなあ。もうちょっと素直になろうよ。

美影らぶぽん

マヨイガ12 8

出典:©diomedea・Ponycanyon/project迷家 TVアニメ「迷家-マヨイガ-」第12話より

素晴らしい実況だったよ2人とも!!
この2人が最後までナナキと向き合えない存在かと思っていましたが、とゆうか11話のラストの鬼の形相から打って変わって、12話では終始落ち着いた説明・つっこみ役に徹してしたのには笑いました。

まあ細かいことは気にせずに!2人はナナキを受け入れたってことで、とてもお似合いだと思うので付き合ったらどうかな!?

その他大勢

マヨイガ12 6

出典:©diomedea・Ponycanyon/project迷家 TVアニメ「迷家-マヨイガ-」第12話より

まさかソイラテと山内がくっつくとは・・・

リオンが最後まで微妙な存在感だったのが意外でした。逆にナンコが後半怒涛の追い上げでメインキャラに!ほんと良いキャラしてました。

マヨイガ12 5

出典:©diomedea・Ponycanyon/project迷家 TVアニメ「迷家-マヨイガ-」第12話より

あと氷結とジャックは最後までよくわからない存在だったけれど(こはるんがどういう言葉で2人を口説いたのか気になります)、このジャックの笑顔を見て、こはるんがどれだけ良い女かがわかります。ジャックもね。

他は特に印象なしです(笑)

 

最終話のまとめ方について

ナナキについて皆が理解を共有し、最後はそれぞれの気持ちに応じて納鳴村に残る者、下山する者に分かれるっていう展開でした。

あと1話でどう終わらせるのだろうって思っていましたが、これといってモヤモヤする点もなく、これまでの謎をうまく回収し、ハッピーエンドで綺麗にまとめられた最終話だったという印象です。

颯人がナナキ操っていたり、こはるんと神様が親子だったり、ジャックと氷結があっさり捕まっていたりと、もうちょっと説明してくれ!ってつっこみたくなる部分はありましたが、

見終わった後、意外にもスッキリしていて驚きました(笑)

「迷家-マヨイガ-」=モヤモヤ って思われても仕方がないくらいにストレスの溜まる展開だったので(良い意味でです)これは意外でした。

もっと謎を残してこれからどうしていくんだろう的な不安を残したまま終わるか、不確定要素を解消しないまま終わるのかなって思っていたので「おお~」って思いましたね。

個人的にはスッキリ終わって良かったって思う反面、作風的にはもっとダークで終わっても良かったかなって印象です!

 

迷家-マヨイガ-が伝えたかったもの

「行ってみたいな納鳴村」って感じた人は多いのではないでしょうか?

もしナナキというものが存在するなら、納鳴村に行って自分のナナキを確認して向き合いたいって僕は思いましたね。

自分の中のナナキはなんだろう。こうやって考えることこそ、この作品に込められた願いなのかもしれません。

マヨイガ12 1

出典:©diomedea・Ponycanyon/project迷家 TVアニメ「迷家-マヨイガ-」第12話より

「気持ちはね、みんな違うの。みんな人それぞれなんだよ。だから、自由にさせてほしいな。」

「周りはみんな楽に、良い目に遭って生きてる。こっちに辛い事を丸投げして。そう思ってた方が全然楽なのによ。」

「逃げて何が悪いの?逃げないで戦うも人それぞれだけど、そんなこと出来ない人もいる。」

各々のセリフがとても説得力があって考えさせるものでした。

真咲が言っていた、人の心が形になったら人の本当の気持ちがわかるっていうのも意味深でこの作品が伝えたかったことなのかなって思いました。

・人の心は具現化しないので他の人には分からないもの。だからこそお互いのナナキの部分を隠した関係ではなく、そこをさらけ出してこそ本当に信頼し合える関係が作れる。

・逃げることは逃げないことより辛いことかもしれない。

・それぞれの考え方があり生き方がある。自分が分からなければすぐに答えを出さずに迷えばいい。

迷えばいい。

よくよく考えてみるとタイトル「迷家-マヨイガ-」も 迷ったら訪れるべき家、帰る家、みたいな温かい意味合いが込められているのかなって最後まで見ると思いました。 

人生やり直しツアーは極端すぎるけれど、人生に疲れを感じている人はまず生きる環境を変えてみることから始めようってことが真のメッセージなのかもしれません。

 

アニメ内で最終的に村に残ったメンバー、現実に戻るために下山したメンバーに分かれましたが、それもどちらが正しいかなんてわからない。そういう風に選択肢のある終わり方をしたのも良かったと感じました。

山内とソイラテみたいにふとしたことで結ばれそうなメンバーもいてなんだかリアルだでしたね~ほんと人生何が起きるかわかりません!!

 

いろいろ訳の分からないこと書きましたが、、

これもスッキリ終われたからこそこういう思考になれたのだと思いますね。納得いってなかったら他の人の感想読んだりして気持ちを紛らわしていると思うので。。

そういう意味では素晴らしい最終話だったと思います。「良い終わり方だったなー」→「(なんだかんだいって)良い作品だったなー」って変換されることってありますよね。終わりよければ全て良し!!


最終話を見た人の感想

最後に

いろんな感想がありますが、それも見た人それぞれの感性というものです。この作品みてなおさらそういう気持ちが強くなったし、寛容になれた気がします。

なんだかんだ毎週楽しみにしていた作品だったので終わっちゃうのは寂しいです。

キャラ可愛かったしね♪

辛いことがあれば迷家思い出しそうな気がします(笑)

 

以上、「迷家-マヨイガ-」12話(最終回)を見たキンジの感想でした。
Twitter(@areluja1)で思ったことや更新情報などいろいろ呟いているのでよかったらフォローお願いします♪


TVアニメ「迷家‐マヨイガ‐」

(STAFF)
原作:diomedea・Ponycanyon
監督:水島 努
シリーズ構成:岡田麿里
キャラクターデザイン:井出直美
音響監督:水島 努
音楽:横山 克
アニメーション制作:ディオメディア

(主題歌)
オープニング・和島あみ「幻想ドライブ」
エンディング・片平里菜「結露」

(CAST)
光宗:酒井広大
真咲:相坂優歌
颯人:八代 拓
こはるん:佐倉 薫
ヴァルカナ:鈴木達央
リオン:五十嵐裕美
マイマイ:清水彩香
らぶぽん:加隈亜衣
ナンコ:多田このみ
美影ユラ:長谷川芳明
ジャック:三好晃祐
ダーハラ:高橋伸也
山内:鳴海和希
地獄の業火:堀江 瞬
ニャンタ:稲川英里
ソイラテ:Lynn
熱帯夜:中村桜
まんべ:間島淳司
ぴーたん:Lynn
氷結のジャッジネス:阿部敦
鳥安:新垣樽助
ドザえもん:新垣樽助
わんこ:天﨑滉平
トシボーイ:高橋伸也
ユウナ:湯浅かえで
ユウネ:多田このみ
ユウノ:千本木彩花
なぁな:仲谷明香
よっつん:間島淳司
プゥ子:杉浦しおり
運転手:三上哲


Pocket