Pocket

タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 12話(最終回)の感想です。

御影に追い詰められ一緒にタイムトラベルしたマリ。でもそんな状況を安心させてくれたのは永司!パパはやっぱり救世主だね。

しかし安心の時も束の間。なんと空がとんでもない状況になり、これはただ事ではない!

多くの科学者に触れてきたマリ、そして永司と御影の決着は予想外の展開で幕を閉じる!

マリの時間を越えての旅は彼女に多くの事を学ばせてくれましたね。

 

12話 「親愛なる科学者たち」

あらすじ

“1879年のアメリカ。時空間の裂け目に吸い込まれるのを必死に抵抗する真理、永司、御影。
これは本来、同じ時間軸上には存在しないはずの永司と御影のコンパスが原因で起きたタイムパラドックス・バリエーションだった。 一方、現代側でも、制御不能になったTSSがオーバーロードを起こし電源ユニットが過熱、煙や火花が飛び散り始める。”

引用元:タイムトラベル少女公式サイト

 

アーミラリーコンパスがもたらしたもの

マリワカ121

出典:「タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 12話」(C) プロジェクト マリ・ワカ

 

突然訪れた謎の災厄。それは御影と永司が持つアーミラリーコンパスがもたらしたもの。

同じ時間に2つの物は存在しない、いや存在してはいけないという事ですね。だから時空に裂け目が生じ3人は窮地に至ったと。

いきなり難しくなったような気がしないまでもないですが、奇しくもこの因縁ある2人が同じ物を持つとは。

 

マリワカ122

出典:「タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 12話」(C) プロジェクト マリ・ワカ

 

裂け目に飲み込まれないようにとする御影と永司の戦いは見応えがあった。

お互いが必死で特に御影の悪役っぷりはさすがです。OP映像だけで見ると和解しそうだったけど。それにしてもこの時空の裂け目に飲まれていたらどうなっていたのだろう?

考えるだけでも怖い・・・。

 

御影との決着。
これで良かったよね?

マリワカ123マリワカ124

出典:「タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 12話」(C) プロジェクト マリ・ワカ

 

マリが科学者と触れ合ってきて学んだことは大きかった!これで未来においてマリは科学で偉大な功績を残すと思われます。これまでの旅がきっかけかな。

御影の持つビジネスの思想ではなく、科学者は何度も繰り返して失敗しても諦めない姿を近くで見てきたマリ。その科学者から教わった事を御影にぶつけ、彼の口を黙らせた。

今までのマリとは違い、何かに目覚めたかのような。ここまでの真剣なマリは初めて見たかもしれない。

 

マリワカ125

出典:「タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 12話」(C) プロジェクト マリ・ワカ

 

まさか御影との決着が今回の様な形で終わるとは意外!!

マリと永司はアーミラリーコンパスが起動し21世紀に帰れたが・・・、御影はまさかの置いてけぼりという。

ただ軽率な気持ちで今回の出来事を起こし、それを悔やみ反省する彼の姿も新鮮であり、科学の力の怖さを身に染みて分かったよう。

そんな彼に声をかけたエジソン、この出会いは歴史に御影の足跡を残していた。帰れないのは可哀想だけど。

 

マリワカ126

出典:「タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 12話」(C) プロジェクト マリ・ワカ

 

未来のお話

マリワカ127

出典:「タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 12話」(C) プロジェクト マリ・ワカ

 

おそらくですがあれから時間が経った世界。左はマリなのかな?どことなくそんな気も。

あれから勉強と努力を繰り返して立派な科学者になった様子。そしてアーミラリーコンパスをお守りとして、科学者に憧れる者へ受け継いでいっているみたいですね。

これから受け継いだ者もマリと同じように多くの事を学び、後世へと繋いでいくのでしょうか。

 

皆さんの感想


 

最後に

学べることや復習になったり、笑えるところも多く面白いアニメでした。12話で終わるのはやっぱり寂しいですね。

激闘の決着も可哀想なんだけど結果的には良かったんじゃないかな。憧れのエジソンと偉大な功績を残してましたし。

科学が面白くなるかぁ~もっと小さい頃に見ていたら、僕も科学に没頭できた・・・のか?それはないか。

 

タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~ 公式サイト

 

メインキャスト

早瀬 真理/豊崎愛生

水城 和花/寿美菜子

水城旬/木島隆一

早瀬永司/森川智之

早瀬晶/戸松遥

早瀬理香/福緒唯

水城麗/井上喜久子

市川風太/山下大輝

御影丞/坪井智浩

黒木さつき/高垣彩陽

エジソン/羽多野歩

 

こちらの記事は

トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket