Pocket

第9話「限界 アンコントロール」の感想です。

メッサー死んじゃうかとビクビクしていたけど生きていてくれて良かったです(ノω・、) ウゥ・・・

フレイアのハヤテへの気持ちが加速した回でしたね。9話目にしてやっと恋愛要素が出てきてΔ(デルタ)っぽい展開になってきた!!

その2点が嬉しかった回でした♪

あらすじ

メッサーが今までずっと恐怖と隣り合わせで戦っていたことを知り、戸惑いを隠せないハヤテとミラージュ。秘密を知ってしまった者同士、二人の距離はおのずと近づいていく。フレイアはそんなハヤテとミラージュの様子を目にして、そわそわと落ち着かない。

TVアニメ「マクロスΔ」公式サイトより

 

9話の内容と公式サイトのあらすじを見て思ったこと

「秘密を知ってしまった者同士、二人の距離はおのずと近づいていく。」って公式サイトの9話ストーリー紹介に書いてあります。

え??

確かにハヤテとミラージュは今回メッサーの件で一緒にいる時間が長かったけれど、それはメッサーのことについて話し合う為で、特別2人の距離が縮まったとは思わなかったんですけど!?

ハヤテと共鳴していると聞いてフレイアは顔を赤らめていたので、彼女がハヤテを意識し出したことは間違いないです。そんな状況でハヤテとミラージュが2人でいる時間がタイミングよく多くなり、それに勘付いたマキナとレイナが余計なことをフレイアに吹き込み、フレイアはますますハヤテを意識し出すっていう流れでしたね。

マクロスΔ9 1

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第9話より

凄い顔(笑)

こりゃあもうフレイアのハヤテ熱はこれからも加速していくでしょう。

ハヤテはフレイアに恋愛感情はなさそう?

公式サイト通りにハヤテとミラージュの距離が近づいたとするならば、遂にデルタ的展開がやってきたということになりますね♪( ̄ー ̄)bグッ!

ここにきてやっとです。

しかも彼らだけでなく、もしかするとアラド、メッサー、カナメの三角関係もありえるのかもしれません。

命の恩人であるカナメをメッサーが女としてどう見ているのか、アラドとカナメはどこまで進んでいるのか、ウィンダミアとの戦争の行方以上に気になる事項です!

この3人の関係については次回で明らかになりそうな予感です♪

みんなメッサーの死亡フラグばっかり言わないで(笑)

 

それにしてもフレイアが可愛かった。
カナメさんってこんなに魅力的だったっけ??

毎話フレイア可愛いって言っている気がしますね(笑)それほど僕の中でお気に入りキャラになっているのです!

ヤキモチを焼くフレイアに、その感情が思い込みだったことに気づくフレイア。
自分の感情に素直で応援したくなるタイプです~

メッサーとの絡みは新鮮で良かったです♪

マクロスΔ9 3

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第9話より

そして今回のヒロインとも呼べるカナメことカナメさん!

昔、美雲がワルキューレに入るまではエースだったなんて!今はいないメンバーもいたのかな?ワルキューレの変遷、すごい気になります。

ワルキューレに入る前はアイドル活動していというまさかの過去も∑o(*’o’*)o

マクロスΔ9 2

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第9話より

歌い手としてのエースは向いていないけれど、リーダーは向いているみたいって語るカナメさんの顔が清清しくてなんか惚れました。

大人の魅力ぷんぷんします♪

 


みんなの感想

最後に

1度ヴァールになったら治療できないのか。今回は助かったけれど、これからも戦場に出るならばメッサーが最悪の展開になることは免れないのかもしれません(ノω・、) ウゥ・・・

恋愛、悲劇、、マクロスっぽい展開になってきたけれど、見るのに覚悟が必要になってきましたな(´ε` )

 

この記事はキンジが担当しました。
Twitter(キンジ@areluja1)も更新していますのでよろしくお願いします。


MACROSS PORTAL SITE マクロスポータルサイト

<STAFF>

総監督・バルキリーデザイン:河森正治
監督:安田賢司
原作:河森正治、スタジオぬえ
シリーズ構成:根元歳三
キャラクター原案:実田千聖
キャラクターデザイン・総作画監督:まじろ、進藤優
音楽:鈴木さえ子、TOMISIRO、窪田ミナ
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:サテライト
製作:ビックウエスト、マクロスデルタ製作委員会

<主題歌>

オープニングテーマ「一度だけの恋なら」
歌:ワルキューレ
エンディングテーマ「ルンがピカッと光ったら」
歌:ワルキューレ

<CAST>

ハヤテ・インメルマン:内田雄馬
フレイア・ヴィオン:鈴木みのり
ミラージュ・ファリーナ・ジーナス:瀬戸麻沙美
美雲・ギンヌメール:小清水亜美
カナメ・バッカニア:安野希世乃
マキナ・中島:西田望見
レイナ・プラウラー:東山奈央
チャック・マスタング:川田紳司
メッサー・イーレフェルト:内山昂輝
アラド・メルダース:森川智之
アーネスト・ジョンソン:石塚運昇
キース・エアロ・ウィンダミア:木村良平
ロイド・ブレーム:石川界人


Pocket