Pocket

第25話「星の歌い手」

あらすじ

古より伝わるプロトカルチャーの巫女「星の歌い手」が目覚め、ウィンダミアによる全銀河支配の危機が目前に迫る。ウィンダミアがラグナに出現した星の神殿にたどり着けば、人類は「星の歌」によって巨大生体ネットワークに取り込まれてしまうという―

TVアニメ「マクロスΔ」公式サイトより

 

「星の歌」最強かよ!次元兵器で新統合軍壊滅。。

マクロスΔ25 7

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第25話より

びっくりしました。。

人間の脳波がデルタ波レベルで同調して自我が崩壊って聞いていたのに、命令されたかのようにその場で次元兵器を爆発させたオペレーター。

ベルガーの発言を肯定したくはないけど、まさに歌は兵器ですね(ノω・、) ウゥ・・・

まあプロトカルチャーシステムがあってのことですけど。

 

ハヤテとフレイアのシーンからエンディングへの流れが神ってた!!フレイアの笑顔最高!!

マクロスΔ25 3

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第25話より

まず、マキナとレイナのおかげでライト・インメルマンの真実が解明されましたね~

ってかマキナ無事で良かった( ̄ー ̄)bグッ!

ライト・インメルマンが次元兵器を落としたことに変わりはないけれど、必死で被害を抑えようとした末の投下だったみたいですね。父親を信じたハヤテたちがの想いが報われて(表現おかしい?)良かったです♪

その真実にプラスして、フレイアに「星間飛行」の音源が入った機器を渡したのもライトだったとは!

アルトはさすがにないか~(笑)
ほんとに良い人そうなお父さんだな~ライトさん!

「愛・おぼえていますか~ORCH2067~」は反則級のBGMです。これでうるっとこないわけがない!タイトルの2067年ってのも粋だな~

マクロスΔ25 4

マクロスΔ25 6

マクロスΔ25 5

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第25話より

ああーー!!!可愛すぎるぅぅ!!!!

「なんかいいよな。ほっとするその笑い方」

そうそう!ほっとするよね~~これはフレフレ一歩リードか!?(僕もフレフレ派!)

マクロスΔ25 2

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第25話より

この2人の雰囲気とフレフレの表情も好きです!

こんな2人の場面も、フレイアの異変に気づいたミラージュのアシストがあったからであることは忘れていませんよ!ありがとうミラージュ!

んでそのハヤテの言葉からの引きでエンディングが最高でした。

もっと長いスパンで考えると15分あたりからのカナメとアラドの夢の話から、平和で希望的な雰囲気がばんばんしてて、BGMも最高で素晴らしかったと思います♪

ウィンダミアとの戦争を前に、それぞれが意志を固めて気持ちを確認し合うとても心温まる最高の流れだったと思います!

このときハヤテはフレイアの手には触れなかったけれど、次回気づいて必死で歌うことを止めるのかな?

どう転んでも最終回は泣かずにはいられない気がします(ノω・、) ウゥ・・・

 

ハインツ陛下の下、ウィンダミアが一致団結!

マクロスΔ25 9

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第25話より

「ルダンジャールロムマヤン!」

まさかハインツ陛下が言うとは!

この呪文、とゆうか言葉はウィンダミアに伝わる「星の歌い手」に命令を与えることができるものだったというわけですね。

次元兵器を持ち出し再び大地を汚そうとする統合政府。

この行動に対して「銀河系の全人類を統合政府の支配から解放する」っていうハインツの言葉を聞くと、これってウィンダミアが根本的に正義なのではないかと思ってしまいます。

でも「星の歌い手」の細胞片から作られた美雲を支配することも、戦争をし、全銀河を勝手に統一しようとしていることも、ウィンダミア外からすれば悪になりますよね。

実際、7年前の次元兵器は統合政府が落としたんだけれど、ヴォルドール人代表との会談ではウィンダミア人が落としたって思われているみたいで、その見解についてロイドは否定していませんでした。こうなってくると、次元兵器が戦争の口実のように扱われている気がします。

ウィンダミアとの戦争について色々考えていると、戦争は「自分の信じる正義」があるからこそ起こってしまうものなのかなって考えさせられます。

 

ともあれ、これまでハインツの命を削ってまで行ってきたロイドの動きも全ては「星の歌」を使って敵を排除しようと目論んでいたことに繋がっていたわけであり、一応はウィンダミアはまとまった感じですよね。

マクロスΔ25 1

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第25話より

久しぶりにロイド様のやさしい顔が見れて良かった!やっぱりロイド様はやさしい顔が似合います♪

まだキースは心の底からロイドを信頼してはいないし、ロイドも何かを隠しているかもしれないけれど、彼らが殺しあうことはなさそう?かな。

キース、ハインツ率VSロイドになる予想は外れました~(≧≦) 

 

これは凄い!と思った感想書いてる人の投稿

「Wisp-Blog」というブログを運営しておられる”闇鍋はにわ”さんの感想記事を紹介します!

ウィンダミア(ハインツ)が断ち切ると言った連鎖のお話、歌は兵器についての考察は、なるほどなるほど!ととても感心させられます。

 

と同時に、ノリと勢いで突っ走っている自分の感想もこういう視点で捉えられるようになりたいなぁと思いましたね。

これからも参考にさせてもらい精進しまする!(o*。_。)oペコッ

 


最後に

苦しんで歌っている美雲が悲しすぎます。

ワルキューレの歌が美雲を救うのでしょうか。

ってかベルガー裏で動きすぎ(笑)

レディMが黒幕だけれど今回はやはり姿は現さなさそうですね~

 

 

MACROSS PORTAL SITE マクロスポータルサイト

<STAFF>

総監督・バルキリーデザイン:河森正治
監督:安田賢司
原作:河森正治、スタジオぬえ
シリーズ構成:根元歳三
キャラクター原案:実田千聖
キャラクターデザイン・総作画監督:まじろ、進藤優
音楽:鈴木さえ子、TOMISIRO、窪田ミナ
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:サテライト
製作:ビックウエスト、マクロスデルタ製作委員会

<主題歌>

オープニングテーマ「絶対零度θノヴァティック」
歌:ワルキューレ
エンディングテーマ「破滅の純情」他
歌:ワルキューレ

<CAST>

ハヤテ・インメルマン:内田雄馬
フレイア・ヴィオン:鈴木みのり
ミラージュ・ファリーナ・ジーナス:瀬戸麻沙美
美雲・ギンヌメール:小清水亜美(歌 JUNNA)
カナメ・バッカニア:安野希世乃
マキナ・中島:西田望見
レイナ・プラウラー:東山奈央
チャック・マスタング:川田紳司
アラド・メルダース:森川智之
アーネスト・ジョンソン:石塚運昇
キース・エアロ・ウィンダミア:木村良平
ロイド・ブレーム:石川界人
ハインツ・ネーリッヒ・ウィンダミア:寺崎裕香(歌 メロディー チューバック)
ボーグ・コンファールト:KENN
ザオ・ユッシラ/テオ・ユッシラ:峰岸佳

 

この記事はキンジが担当しました。
Twitter(キンジ@areluja1)も更新していますのでよろしくお願いします。


Pocket