Pocket

第18話「感覚 エマージェンス」

あらすじ

プロトカルチャーシステム起動実験の防衛任務へと向かう空中騎士団。戦略上必要なこととはいえ、目的をはっきりと明かされない実験に、空中騎士団のカシムは不吉な予感をつのらせる。降り立った地で彼が目にした人物とは―

TVアニメ「マクロスΔ」公式サイトより

 

まさに感覚の世界!タイトル通りの内容でした!

よくわからなかったので2回見ました!それでもよくわからない!(笑)

フレイア、美雲、ハインツの歌が交錯してどの歌が誰に何を及ぼしているのか混乱しました。

マクロスΔ18 2

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第18話より

フレイアは前半はいつも通り。しかし、激しい歌声合戦の中我を失って歌い続けカナメに止められました。あのままだったらどうなっていたのでしょうか?

マクロスΔ18 4

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第18話より

ハインツは歌に乱れが生じ、仲間である空中騎士団の身体に異常が?カシムの身体に白い斑点が現れ老化が急速化しただと?!

それでもプロトカルチャーシステムの影響か、これまで以上にヴァール化を促進させる力をもっていた。

マクロスΔ18 5

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第18話より

美雲は前半は通常でしたが、覚醒後はプロトカルチャーシステムによって力が暴走??ハインツ以上の逸材に??

 

はい、わけ分かっていません。。

次回に説明を期待します( ̄ー ̄)bグッ!

もし解説してくれる人がいたらコメント待ってます!!

 

空中騎士団のヌードお披露目(笑)カシム良い人だな。

マクロスΔ18 1

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第18話より

まるでアクエリオンの「気持ちいい~」でしたね♪

「こ、これは」「あ、あぁ~なんだこの気持ち」みたいな??

でも彼らが体全体で何かを感じていることは十分伝わりました。

・・・ハインツもヌードになってましたね(笑)

マクロスΔ18 3

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第18話より

それにしてもカシムさんは良い人でした♪そして強い!!ハヤテ瞬殺!!

フレイアと話しているときはほんと楽しそうでした。余計に戦争を引き起こしているロイドが憎らしくなってきました。

ハヤテの父親であるライト・インメルマンが次元兵器を落とした人物であることも知っているみたいですね。

 

ボーグはやはりレイレイ推しだったか。意識しすぎ(笑)いつもハヤテに阻止されている気がする。学習しない子だよホント。。

 

 

ハヤテとフレイアの関係改善!!

マクロスΔ18 7

マクロスΔ18 8

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第18話より

17話でハヤテとフレイアが種族の違いから年齢感でギクシャクしてしまったけれど、今回ハヤテが、ウィンダミア人の寿命が短いならその分濃い時間を過ごせばいいと言ったことでフレイアは勇気づけられました!

「だったら、何倍も何倍もぶっちゃゴリゴリな時間を過ごせばいいじゃないか、みんなで」

フレイアの言葉遣いで言ったのも良かったです♪

「私歌う。みんなとハヤテのために!」

「だったら俺は飛ぶ。ワルキューレとお前を守るために!」

両想いじゃないか!!!!

そしてハヤテとフレイアの生体フォールド派が同調!

これまでにない共鳴でした(^^)

ハヤテ自信も驚いた表情で、どこか自分の意思ではどうしようもできないところまで覚醒しちゃってる気がします。カナメさんがフレイアを止めたのは、このままだとハヤテが暴走しちゃうと思ったから??

 

ミラージュさん今回は活躍なしでしたし、もう2人の間に入ってこないのでしょうか。。(ノω・、) ウゥ・・・

 

新エンディングは美雲のオンステージ!

劇中歌で「破滅の純情」が使われたからかもしれませんが、今回は新エンディングでした。

「LOVE! THUNDER GROW」

歌はワルキューレになっていたけれど、ほぼ美雲さんのオンステージ曲!

低音ボイスが似合うかっこいいロック調の曲でかっこよかった!

あえて言うなら映像がこれまでの使い回しだったことが残念でした。

 

美雲さんは人造人間かなんかなのか!?

マクロスΔ18 6

出典:©’82,’84,’92,’94,’97,’02 BW ©’07 BW/MFP・M ©’09,’11 BW/MFP ©’12 BW/MFB7P ©’15 BW/MDP TVアニメ「マクロスΔ」第18話より

この科学者集団は何なのだろう?特殊な歌声が出るように改造されたのかな?

 

みなさんの感想


 

最後に

次回、18話の状況説明、切に願います(笑)

 

 

この記事はキンジが担当しました。
Twitter(キンジ@areluja1)も更新していますのでよろしくお願いします。


MACROSS PORTAL SITE マクロスポータルサイト

<STAFF>

総監督・バルキリーデザイン:河森正治
監督:安田賢司
原作:河森正治、スタジオぬえ
シリーズ構成:根元歳三
キャラクター原案:実田千聖
キャラクターデザイン・総作画監督:まじろ、進藤優
音楽:鈴木さえ子、TOMISIRO、窪田ミナ
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:サテライト
製作:ビックウエスト、マクロスデルタ製作委員会

<主題歌>

オープニングテーマ「絶対零度θノヴァティック」
歌:ワルキューレ
エンディングテーマ「破滅の純情」他
歌:ワルキューレ

<CAST>

ハヤテ・インメルマン:内田雄馬
フレイア・ヴィオン:鈴木みのり
ミラージュ・ファリーナ・ジーナス:瀬戸麻沙美
美雲・ギンヌメール:小清水亜美(歌 JUNNA)
カナメ・バッカニア:安野希世乃
マキナ・中島:西田望見
レイナ・プラウラー:東山奈央
チャック・マスタング:川田紳司
アラド・メルダース:森川智之
アーネスト・ジョンソン:石塚運昇
キース・エアロ・ウィンダミア:木村良平
ロイド・ブレーム:石川界人
ハインツ・ネーリッヒ・ウィンダミア:寺崎裕香(歌 メロディー チューバック)
ボーグ・コンファールト:KENN
ザオ・ユッシラ/テオ・ユッシラ:峰岸佳


Pocket