Pocket

第12話「こよみデッド」

あらすじ

3月、影縫余弦が北白蛇神社から姿を消して一ヶ月が過ぎようとしていた。いさぎ悪く習慣のように毎日神社を訪れていた暦は、受験日当日も同じようにそこへ向かうのだったが、そこで臥煙伊豆湖と出会う。IMG_0329[1]IMG_0330[1]IMG_0328[1]

 

全体を通しての感想

暦が臥煙さんの振るう怪異殺しで切り刻まれて消滅!?暦がこれまで出会ってきたみんなの姿がフラッシュバックし、オチもなくラストは「鬼物語」で成仏したはずの八九寺真宵がいる謎の世界へ!

???

原作を読んでいない僕にとったらわけのわからない話でした。臥煙さんの話には毎度頭を悩まされます。

よくわからなかったけど久しぶりに八九寺の笑顔が見れて良かった!!

じゃなくて僕なりに考察してみたので書きます。(原作読んで続き知っている人にはなんの参考にもなりませんが)

勘違いしてたらごめんなさい(ノω・、) ウゥ・・・

 

本当に暦は死んだ??

時系列で言うと8月には八九寺は成仏しています。その彼女が登場したということは暦はとりあえずあの世行きしたのだと思われます。

この後の物語はまだアニメ化されていない『終物語 下』「まよいヘル」のようです。ヘルの時点であの世ですよねΣ(゚д゚;)

アニメ化は考えているということなので気長に待つしかないですね。僕はここまでアニメのみで来たのだから、あえて原作は読まないでこのままアニメのみで楽しみたいと思っています。

続きが気になってしょうがないです。。IMG_0337[1]IMG_0338[1]

この暦不細工すぎ(笑)

八九寺可愛すぎ!!!

 

臥煙さんの考え

将棋の話とかいろいろありましたが、今回の進展でいうと、

暦が生きていて動くだけで怪異絡みの厄介なことが起きる。そしてその問題を終息させてきた忍野メメ、影縫余弦、貝木泥舟、、、彼らが揃ってこの街から姿を消した。この街のくらやみの根源である暦を殺すことが解決策だと考えた臥煙さんは、怪異殺しを使って彼を切り刻んで事態を終息させたのですねヽ(*’0’*)ツ

学生時代を共にした皆が失踪や行方不明で、冷静沈着な臥煙さんの内心では悔しい気持ちが大きかったのではないでしょうか。暦には申し訳ないけど死んでくださいって感じかな?

序盤の王が空位であるっていう話も、臥煙さんの計画では暦がその王になって埋め合わせをする手はずだった。でも暦は失敗しちゃったんですもんね。。臥煙さん的にはこれ以上被害を増やさない為にも自ら動いて暦を消す以外解決策が見つからない、それくらい切羽詰まっていたのだと思われます。

それにしても臥煙さんが本物の怪異殺し、妖刀心渡を持っていたなんて。どこで手に入れたんだ。さすがとしか言いようが無い(ノ゚ω゚)ノ

あと鳴り響く携帯が実に不気味だったなぁ。この着信の主がこの後のキーマンになったりするのかもしれません。専門家の誰かかな。IMG_0334[1]IMG_0335[1]IMG_0336[1]

 

現時点のいろんなキャラが少し垣間見れて面白かった。これはだれ?

教会らしき場所にたたずむエピソード、勉強してる?老倉育、どこぞの山頂にいる忍野メメ、部屋で漫画を描くショートヘアの千石撫子、友達とバスケをする神原駿河、寝台列車で寝る羽川翼。みんな自由すぎ(笑)

・・・電車に乗っていたこの女性は?影縫さん?誰でしたっけ??

※親切な読者さんが暦の母だと教えてくれました。まだまだ勉強が足りませぬ。。
IMG_0331[1]

あとこれは貝木でしょうか??シルエット的に(笑)彼が死んだのか否かも気になります。。IMG_0333[1]

 

みんなの感想


最後に

やっぱり面白いな~これでしばらくアニメ・物語シリーズともお別れと思うと凄く淋しい、、、、

夏公開の「傷物語 Ⅱ熱血編」があるのが救いです( ̄ー ̄)bグッ!

「暦物語」 公式サイト – 〈物語〉シリーズ

「傷物語」公式サイト – 〈物語〉シリーズ


Pocket