Pocket

アニメで放送され、現在も単行本が40巻に到達し
人気が上昇中の「キングダム  -KINGDOM-

最新刊である41巻の発売日は、1月19日とのこと。

a1

作者:原 秦久  掲載:週刊ヤングジャンプ

 

話の内容としては、舞台は中国、時代は春秋戦国時代。
主人公である大将軍となる夢を追いかける、そして中華統一を目指す秦王のを中心とした物語。

主人公:信a2

最初はただの歩兵だったが、幾多の戦場で活躍し武功をあげた為
五千の兵を率いることが可能な「五千人将」となっている。

あと一つで「将軍」になるが、「大将軍」は更に上。

そして彼が率いる隊の名は「飛信隊」。大将軍であり「秦六将」と呼ばれた王騎に名づけられた。

 

秦王:政sei

荒れた戦国を終わらせるため、中華統一を目指す秦王。後の始皇帝となる。
ずっと呂不韋と王の座を巡って対立していたが、軍配は政に上がった!

永きにわたる戦いの幕が下ろされた呂不韋に「完敗だ」と言わせたほどの大王である。
信とは強い絆があり、お互いを信頼している。

 

信が五千人将となるまでに
影響を与えてきた将軍って誰?

王騎

a3

伝説と称される「秦六将」の最後の一人。信の成長を助けたり、大将軍の見る景色を見せたりと、信に大きな道を示した。

最後は部下からも温かい目で見られ、信に矛を渡し
英雄の姿そのままにこの世を去った。

 

麃公

hyoukou

攻撃力は最強といわれる軍を率いる秦の大将軍。信の初陣はこの方の戦だった。
信とはある時に、共同して戦い何かと成長を見守っていた。

最後は趙の龐煖に敗れたが、信に盾を渡し
励ましの言葉を送った後に倒れた。

 

輪虎 a4

秦の六将に互角と称され「趙三大天」の席に座っていた廉頗の側近の一人。
その実力は計り知れないほど強い!

相手と実際に対峙してみて、潜在能力を見抜いたりと経験豊富の将軍。
信の限界を突破させた張本人であり、最後は彼に紙一重で敗れている。

 

廉頗a5

秦六将にも劣らなかった元「趙三大天」の一人。
魏に亡命したが、大将軍として周りからの信頼は厚い!

信から王騎の死の真実を知り、そして彼に目標への大事なことを教えた人物。
死闘を繰り広げた王騎たちとは、敵だったが親友だったとも語る。

 

李牧riboku

現在の「趙三大天」の一人。
王騎が亡くなった原因を作った人物。戦術が奥深い策で相手を攻める。

大将軍と呼ばれることはあるが、本人はあまり好きではなさそう。

信にとっては恩師を殺されたといっても過言ではないため
いつか倒すべき目標としてもこのキャラは必須!

 

龐煖houken

王騎とは古くから因縁がある「趙三大天」の一人。
自身を「武神」といい、確かな実力の持ち主。

アクシデントも重なり王騎に勝利したが、内心では勝った気になれていない。
信との一騎打ちでは、劣勢に追い込まれ敗走。
彼を強敵と認めた!

信との一騎打ちに向け、今も修行を続けていると思われる。


最後に

ざっと並べてみましたが、まだまだ信に影響を与える将軍は出てきます。
現在では、元野党であった桓騎が信と共に趙を攻撃中。

なんか残忍な戦い方を教えてくれるのは間違いないでしょう・・・

そうくると王翦とも組む事があるのかな?
でもどんな会話をするのか考察してみたいです!

信にとって恩師とも呼べる人物の死には
李牧、龐煖が関わっています。

この2人を越えなければ大将軍への道は進まない!
その決闘の日が来るのを楽しみにキングダムを読んでいきます。


Pocket