Pocket

「キングダム -KINGDOM-」

主人公の信が大将軍を目指す物語。
でも簡単な夢ではない!

武功をあげなければ上にはあがれない。
その成果を出すためには多くの強敵が、信の前に立ちはだかる!

 

・大国であるの将軍達

・呉鳳明が率いる

・まだ実力を見せていないオルドがいる

・軍力はないが隠し技を使ってきそうな

・かつては強国と言われた

・策士の李牧、武神の龐煖がいる

 

どれも絶対にタダではやられないでしょう!
信が大将軍になるのと、政の国家統一のためには全て倒さなければなりません。

40巻の時点で、信は五千人を率いることが可能な五千人将、あと一つで将軍の位置になれる。
大将軍は更に上の立場となるわけで、十万単位の軍を率いたり
総大将を務めたりと、将軍とは格段に違うと考えてもいいでしょう。

まだまだ険しい道だけど
見るのが楽しみですね。

「信、大将軍に任命する」a2

 

これから下に書いてあるのは将軍達です。
画像がないキャラもいますので、その場合は名前と説明文だけにしております。

夢を掴むために倒さなければならない主力の将軍達

龐煖hoke

武力はトップクラスの大将軍。趙軍を率いる。
秦の六将を2人も倒し、燕の大将軍である劇辛でさえも葬った!

信とは三度の面識があり、一騎打ちの末に追い詰められ、その場を退いた。

「名を覚えておくぞ、信」

と言葉を残し、決着の時は確実に近づいている。

 

李牧

riboku 恐ろしい策を張り巡らす趙の大将軍。
王騎と劇辛を直接葬ったのは龐煖だが、そこに至るまでの作戦を立てた張本人。

秦を本気で滅ぼそうと合従軍を結成するなど
見かけによらず、かなり恐ろしい人物。

知略だけでなく、武の力もかなりのものがある。
信にとっても、元王騎軍にも因縁が強い相手。

ただ歴史上では、悲しい結末を迎えるらしい・・・

 

オルド

燕の大将軍

劇辛と似た部分があり、山岳族と連携しての軍を率いる。
砦などの攻めに特化しており、山の形状を読んだりする才能もある。

合従軍では秦の王翦と対決!
裏をかいて、戦闘を優位に進めていたかに見えたが策にはめられただけだった。

そして主力の部隊八千を全滅させられ、あまり貢献できなかった。

ただ強敵には変わりないので、燕を滅ぼすためには厳重に警戒しなければならない!

 

媧燐

楚の大将軍

戦いの天才と呼ばれ、女性でありながら合従軍に招集された。
かなりの高身長で、威圧感もすごい!

実力が確かな秦の騰でさえ、彼女の策は読めなかった。
もしかしたらこの作品の中でもトップ位の策士かもしれない。

周りを屈強な兵が守り、すぐには接近できないだろう。
そして大国である楚には

・項翼

・白麗

・貝満

・剛摩諸

といった強敵がまだ潜んでおり
更には、まだ名前しか出てきていない。

「楚の虎」の異名を持つ

大将軍 項燕

が控えている。
やはり軍事力は秦しか対抗できなさそう。

 

呉鳳明

魏の将軍。

父親が国を代表する大将軍だった。
函谷関を自身が設計した「巨大井闌車」、「床弩」を用いて陥落しかねない状況まで持ち込んだ。

彼の兵士としての実力は謎だが、知略は相当なもの!
列国からも注目は厚く、父親以上の実力者なのは間違いない。

彼が警戒しているのは、同世代の桓騎だけではなく、信やその世代もである。
まさしく魏の最後の砦とも捉えて過言ではないでしょう!


そしてヤングジャンプのキングダムが熱い!

ネタバレが入ってしまいますが
いま信は、なんと桓騎軍と共に戦っています!
そして相手の国は

李牧が出てきたのか?
と思いきや違います!

そう!
本能型の将軍と名高く、合従軍では副将を務めた

慶舎

この戦いが面白いんです!!

なんせ残忍で有名な桓騎と信の組み合わせですからね♪
ましてや相手は“沈黙の狩人”と呼ばれる将軍!

かなりの強敵ですし、大いに苦戦させられるのは間違いない!
41巻ではその章に入ってくるので興奮が止まらないかも。


Pocket