Pocket

トーマ(@7sqki_laura)です

「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」「雲の向こう、約束の場所」などで国内外からも高い評価と注目を集める
アニメーション作家、新海誠監督の最新作「君の名は。」の公開が2016年8月に決定!

a1

 

新海監督としては3年ぶりとなる劇場映画。「新海誠作品史上最高傑作になる」とプロデューサーは話す。これは大いに楽しみ、ぜひ映画館で早く観たいですね。

気になる声の担当の方は?

主人公の瀧・・・神木隆之助(サマーウォーズ、ドラえもん のび太の恐竜2006、とある飛行士への追憶などで声を担当している)
実写映画では「バクマン。」の高木秋人役

ヒロインの三葉・・・上白石萌音(おおかみこどもの雨と雪などで声を担当)
2016年3月19日公開の実写映画「ちはやふる」の大江奏役

特報を見た限りでは2人は面識がなく、そして「出逢えないけど約束をしている」。
意味深過ぎます、最後は会えるのかな?
それは映画を観てのお楽しみということですね。

そしてこの物語のキャッチコピーは
まだ会ったことのない君を、探している

a2

史上最高の傑作」とプロデューサーが話す理由には日本が誇る最高峰のスタッフの集結した作品だということも。
キャラクターデザインを担当するのが田中将賀(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)、そして作画監督も安藤雅司(もののけ姫、千と千尋の神隠し)という豪華すぎるといっても過言ではない顔ぶれ。

a2

a1

a1

女子高生の三葉は山深い田舎に住んでおり、都会へ強い憧れを抱き、来世は東京のイケメン男子になりたがっていた。そして夢の中で自分が男の子になっていて、望んでいた通り都会に住むことが実現した。

a1

東京で暮らす主人公の男子高校生、瀧。彼は山奥で女子高生になっている奇妙な夢を見ることに。面識のない二人だけど、体が入れ替わっているのか?でも夢の中ってことは実際には何も起こっていないのかな?

a1

a2

ふたりの約束とは?これも映画を観るまでは謎のままですね。でも逢うことのない2人はどのようにして約束をしたのでしょう?気になる点が多すぎて公開される前からドキドキさせてくれます。

a1

これはおそらく瀧が書いたのでしょう。夢の中で書いて、それを三葉が見ているシーンかも!自分がどうなっているのかわからない、じゃあ夢の中で問いかけてみるしかないといった行動でしょうか。

a1

これは三葉が問いに答えたのか?これを夢から醒めた瀧が見たら夢が確信に変わるとき!?

a1

a1


ファンの期待も高まっている

~コメント~

豪華なスタッフと特報だけでここまで気にしてしまうなんて、来年8月が待ち遠しすぎます。
この2人会えるのかな?望んだのは三葉だけなのか?
疑問をあげだすとキリがありません(・ω・)
来世での思いが実現した三葉にとっては、瀧が三葉の来世?

まぁそれはないかな・・・?
その疑問もスッキリさせるためにも観にいくのが一番!

公式サイト「君の名は。


Pocket