Pocket

甲鉄城のカバネリ12話の感想になります。

ついにラストを迎えましたカバネリ。戦闘やハラハラさせてくれる展開も多く、最終決戦はグイっと興奮させてくれ、感動もありで締めくくりにふさわしい最終回!

このアニメはもしかしたら続きがあるのでは?

と思った人も多いはず!ぜひやって欲しいなぁ~って思っちゃいますよね。

内容は言うまでもなく面白かった、そして曲もこのアニメを盛り上がらせてくれた要因!澤野弘之さん凄すぎます!

無名を救うため、美馬を殺すために黒血漿を打ち最後の舞台へ乗り込んだ生駒。美馬も待ってましたと言わんばかりに生駒の前に立ちふさがる。

ウィルスが進行して意識もままならない生駒がピンチ、それを察した無名からの何かに反応!

勝利したとしても生駒を救う手立てはあるのだろうか?そう思いながら最終話を見ていました。

 

12話「甲鉄城」

生駒が最強!
引き換えに得た力は大きすぎる!

カバネリ121カバネリ122

出典:「甲鉄城のカバネリ12話」©カバネリ製作委員会

 

ウィルスの進行によってカバネに近づきつつある生駒。でもそのかわり戦闘においての力は大幅に上がっているのが分かる。

克城を吹き飛ばした力はまさに超能力みたい!あの力は何なのだろうかと気になるところ。人とカバネの間である存在よりも、カバネリとカバネの間にある存在でいたほうが強いんじゃないかな?

沙梁(さはり)との決着も生駒自身がつけてくれるとは思わなかった。まさか克城が吹き飛んだ後も生きているとは思わなかったもので。

美馬の側近の中でも一際目が付いてしまうキャラであり、残酷さも兼ね備えた印象。力が増した生駒によって最後は敗北を喫する。

来栖が傍にいたのでもしかしたらとは思ったけど、生駒は何度か沙梁と対面しており、何よりも美馬と計画を立てていたのが彼だったため、生駒自身が決着をつけたかったのかなと思います。

戦いで時間が過ぎていくたびに視界がふさがっていく生駒。意識を確認する来栖とのやりとりを見ていて、やはりこの2人のコンビはいいですね!

 

2人の対決!
もうどっちが敵なのかわからない!笑

カバネリ123

出典:「甲鉄城のカバネリ12話」©カバネリ製作委員会

 

黒煙と化した無名だが生駒の存在に気づいてなのか、動きを止める。近づく生駒の前に立ちはだかった美馬。

逃げることができたのに何故生駒の前に現れたのか?相手は全力で命を狙ってくるカバネリ、その力はどの刺客よりも強いとわかっているはずなのに!

命を燃やす男が、俺を呼んでいるのさ

これが理由なのか?

美馬は臆病者であった父を憎み生きてきて、だからこそ父のように恐れて生きていく事を嫌っていたのではないかなと。

美馬は生駒に「恐れを知らぬ魂」とぶつけていた。もしかしたらずっとそんな相手を探していたのかもしれない。

見つけたからこそ自分自身の眼で確かめてみたかった、それが生駒の前に現れた理由と僕なりに考えてみました。

 

カバネリ124

出典:「甲鉄城のカバネリ12話」©カバネリ製作委員会

 

外見だけで見ると生駒と美馬はどちらが悪役か分からないかも!笑

美馬の戦い方が正々堂々だったのが意外!それほど生駒との対決は特別だったのでしょう。力が増した生駒を追い込んだりと、やはり美馬の力も相当なものだと分かります。

もはや見ることもかなわなくなった生駒を救ったのは無名による何かの叫び!振り向きざまに美馬へ一撃を与え勝利。

負けた美馬の満足気な表情が意味する事、それは自身を臆病者と捉えていたため父と同じ存在。だからこそ「命を燃やす男“生駒”」によって決着をつけて欲しかったのかもしれない。

生駒のような男を心のどこかで憧れていたような気がします。

黒煙となった無名に白血漿を打ち救い出した生駒、だが逆に気を失った生駒だが無名は目を覚ます。美馬も生きておりその姿はカバネリ。まさか美馬も人でもなくカバネでもない存在だとはビックリ!

 

カバネリ126カバネリ125

出典:「甲鉄城のカバネリ12話」©カバネリ製作委員会

 

まさか美馬もカバネリとは予想外、しかも最終話でそれがわかるとは。

まだ戦いは終わらんとばかりに突っ込む美馬に止めを刺したのは無名。大切なものを見出したからこその行動のように見える。

穂積という本名を美馬に名乗ったのも別れの言葉の一つに聞こえました。またも満足気な表情を見せて落ちる美馬。この展開を望んでいたのかなぁ・・・。

 

進む甲鉄城。
やはり無名の笑顔は可愛すぎる!

カバネリ127

出典:「甲鉄城のカバネリ12話」©カバネリ製作委員会

 

目を覚ました生駒がいたのは甲鉄城。そこには多くの仲間が笑顔で迎えてくれ無名もいた。この時をどれだけ待っていたか!

見ている人を更に感動させてくれたのは生駒に白血漿を与えてくれていた美馬。なぜ一本だけ持っていた白血漿をくれたのだろうか。

もしかしたら誰よりも優しくて純粋な青年だったのかもしれません。生駒という男に触れたからこそ、生き続けてほしいという願いを込めて命を救ってくれたような。

美馬は恐ろしく優しい男だ!

 

カバネリ128

出典:「甲鉄城のカバネリ12話」©カバネリ製作委員会

 

やっぱ無名の笑顔は最高!全てに決着がつき次へと進んでいける!10話とか絶望的な内容だったし。そこからの今回の展開は素晴らしすぎる!

この終わり方はまだまだ続きがあるとそんな期待をさせてくれました。

途中からカバネとの戦闘より美馬との対決が目立ちましたが、無名の気持ちや生駒の成長していく姿を見てカバネの出番が少なくても目が離せないところばかり、更に最終回の締め方が素晴らしい。

 

皆さんの感想


 

全体を通して

ついに終わってしまいました。最後まで面白かった!だけど本当に続きが見たいというのが率直な感想です。

キャラのそれぞれが個性的で主役ではないキャラもどこか魅力を感じました。

狩方衆のメンバーも出番が少ないキャラでさえ印象が強かったり、整備士の鈴木も濃かったです。

澤野弘之さんの曲は多くの人を魅了させてくれ、戦闘のBGMや生駒が必死になっているときのBGMはハラハラさせてくれました。

戦闘だけでなくキャラ同士のやりとりも聞き逃せないことばかり!重要なキーワードもセリフの中にあり「黒煙」という名前もよく聞かないと分からなかったです。笑

ラストの甲鉄城が進んでいくシーン、まるで見ている人にも問いかけているようだった。

「前へ進め!」

という風に勝手な僕の感想ですが。

本当に2期もあるような気もしてきました。無名も帰ってきてこれからだと思わせてくれる終わり方。

声優の皆様、スタッフの皆様本当にお疲れ様でした。見応えのあるところや聞き応えのあるところが多いアニメであり、内容も充実していて楽しんで見る事ができました。

これからもアニメの視聴を楽しんでいこうと思います♪

 

「甲鉄城のカバネリ」ORIGINAL SOUNDTRACK 試聴PV

 

スタッフ

監督   荒木哲郎

助監督   田中洋之

シリーズ構成   大河内一楼

キャラクター原案  美樹本晴彦

アニメーションキャラクターデザイン   江原康之

アクション作画監督   川野達朗、世良悠子

メインアニメーター   手塚響平

チーフメイクアップアニメーター   松本幸子

コンセプトアート&デザイン   森山洋

デザインワークス   形部一平

コンセプトボード   吉田史朗

プロップデザイン   常木志伸

設定統括   笠岡淳平

美術デザイン – 谷内優穂、曽野由大、青木薫

美術監督   吉原俊一郎

色彩設計   橋本賢

撮影監督   山田和弘

CGディレクター   藪田修平

編集   肥田文

音響監督   三間雅文

音楽   澤野弘之

音楽制作   フジパシフィックミュージック

音楽プロデューサー   佐野弘明、舩橋宗寛

チーフプロデューサー   山本幸治、和田丈嗣

プロデューサー   岡安由夏、新宅洋平

アニメーションプロデューサー   岡田麻衣子

アニメーション制作   WIT STUDIO

製作   カバネリ製作委員会

 

甲鉄城のカバネリ公式サイト

 

こちらの記事を担当しましたのは

トーマ(@7sqki_laura)です。


Pocket