Pocket

甲鉄城のカバネリ11話の感想になります。

美馬による一枚上手の作戦により絶望的な状況に陥った生駒達。逞生による必死のガードだったけど、その命ははかなく散ってしまった事が今回で分かりました。

まさか逞生がここで死ぬとは思わなかった。最後まで生き残りそうな予感がしていたけど、でも親友を守ったその姿はまさに威風堂々!

生駒も一人だけはぐれてしまったが生きていた来栖と科学者に出会う。

おそらく最後の敵になるであろう美馬は金剛郭にて因縁の父親と再会し殺害。ましてやカバネを使っての大騒動を引き起こした。もはやカバネを利用することに長けすぎていますね。

無名も黒煙になり手が付けられなさそうな状態。そんな窮地に生駒は死の覚悟を持ってついに動き出す!

 

11話「燃える命」

父と対面した美馬。
もはや親だろうが関係ない!

カバネリ111カバネリ112

出典:「甲鉄城のカバネリ11話」©カバネリ製作委員会

 

結構すんなりと対面しました。美馬の父も残酷というか何の躊躇いもなく部下を殺す人物。

父親をカバネに変えて殺す、用意周到な作戦だったのでしょう。父をおぞましいカバネに変えて周囲に混乱を招き、どさくさに紛れてその場を支配し金剛郭の内部から操っていく。といった作戦のように見えました。

やはり美馬は武力も高いけど一番優れているのは知力かも!なんて勝手に思ったりしています。

追い込んで追い込んで殺したって流れでしたね。

「殺るのは・・・恐怖だ」

父がずっと抱いていたであろう核心を突く!このシーンかっこいいけどゾクッとさせられました。まさにこの瞬間を待ちわびていた美馬、殺した後も着々と作戦を実行していく。

恐怖と復讐にまみれた奇行を止めるのは誰なのだろうか?

 

蝶に呼ばれた無名。
生駒は覚醒し決死の覚悟で挑む!

カバネリ113カバネリ114

出典:「甲鉄城のカバネリ11話」©カバネリ製作委員会

 

コレからが最終決戦というわけか!カバネリである2人が覚醒したようにしか見えない!

美馬に利用されて黒煙となり破壊を行おうとする無名、そして無名を救うために活性剤を打ち死の覚悟を持って動き出す生駒。

活性剤という事で生駒はこのままカバネになってしまうという意味らしい。という事は生駒という人物が死を迎える、逆にウィルスを止めるための薬もあるとは思うけどもう間に合わないかもしれない。

生駒はこのまま死ぬ気!最後の輝きは美馬を殺すため、そして無名を助けるための命だと生駒は語った。無名も核となった状態からどうやって助かるのか、しっかり目を凝らして見たいと思います!

2人が向かい合うシーンもあるのかと思えば泣けてくる可能性が高い!!

生駒を再び立ち上がらせた来栖もやはりかっこよかったです。髪形も当然ながら、来栖のおかげで生駒は覚悟の選択を選ぶことができたのでしょう!

 

カバネリ115

出典:「甲鉄城のカバネリ11話」©カバネリ製作委員会

 

生駒の勇姿を目の前で見届けた来栖。もう止められないのを悟ったかのごとく驚きの表情をしていました。

この決死の選択を見てしまったからこそ、生駒の最後を迎えるときも来栖には近くにいてほしい!見込みのある男の最後を!

果たして最後に笑うのは生駒か美馬か?

 

皆さんの感想


 

スタッフ

監督   荒木哲郎

助監督   田中洋之

シリーズ構成   大河内一楼

キャラクター原案  美樹本晴彦

アニメーションキャラクターデザイン   江原康之

アクション作画監督   川野達朗、世良悠子

メインアニメーター   手塚響平

チーフメイクアップアニメーター   松本幸子

コンセプトアート&デザイン   森山洋

デザインワークス   形部一平

コンセプトボード   吉田史朗

プロップデザイン   常木志伸

設定統括   笠岡淳平

美術デザイン – 谷内優穂、曽野由大、青木薫

美術監督   吉原俊一郎

色彩設計   橋本賢

撮影監督   山田和弘

CGディレクター   藪田修平

編集   肥田文

音響監督   三間雅文

音楽   澤野弘之

音楽制作   フジパシフィックミュージック

音楽プロデューサー   佐野弘明、舩橋宗寛

チーフプロデューサー   山本幸治、和田丈嗣

プロデューサー   岡安由夏、新宅洋平

アニメーションプロデューサー   岡田麻衣子

アニメーション制作   WIT STUDIO

製作   カバネリ製作委員会

 

甲鉄城のカバネリ公式サイト

 

こちらの記事を担当しましたのは

トーマ(@7sqki_laura)です。


Pocket