Pocket

終末のイゼッタ6話の感想で~す。

イゼッタはレイラインが通っていないところでは魔法が使えないという事実。それを知ってしまったヨナスは、どういった行動に出るのか気になっていました。

前回ではハッタリを駆使してカバーも面白いところでしたね。

6話はラストが凄く重い・・・ええ非常に重かった。

 

6話「穏やかな日々に・・・ An einem ruhigen Tag…」

イゼッタは本当に民から愛されているね~

イゼッタ61

出典元:終末のイゼッタ6話 ©終末のイゼッタ製作委員会

 

フィーネがこっそり抜け出して食べに行っていたパイ。その店で一般の少女ではなく、正体がばれてしまうというハプニングが発生。でもこの時にフィーネが本当に周りから愛されていることが大いに伝わってきました。

決して自分の立場を利用せず、周りに溶け込むかのように、まるで全てが平等と伝えてくれる雰囲気を持つ。そんな素晴らしい姫。

そりゃあここまで立派な姫様がいれば民衆も笑顔でいられるよね~。

イゼッタへの感謝も良いシーンでした。なによりこの2人の支え合いが素晴らしい!絶対に2人とも最後まで無事でいてください。

 

ヨナスピーンチ!
救世主現るかと思いきや・・・。

イゼッタ62イゼッタ63

出典元:終末のイゼッタ6話 ©終末のイゼッタ製作委員会

 

ゲルマニアのスパイに秘密を迫られピンチになったヨナス。ここで遂に話してしまうのか??と緊張のシーン。

さっきまではフィーネ達がのほほんと楽しんでいる和やかムードだったんだけどね。この差。

話しかけたところでジークが助けに現れる!もしここで話してしまっていたら、フィーネ、イゼッタだけでなく国自体が窮地に立たされていましたね。

ここで一安心!かと思いきや一気に落とされました。

 

イゼッタ64

出典元:終末のイゼッタ6話 ©終末のイゼッタ製作委員会

 

助けてくれたはずのジーク、しかし彼の銃は無情にもヨナスの命を奪うという・・・。

なんて残酷。秘密を厳守するためでもあり、国を守るためもあってジークはこの結論に至ったのだろうか。

この事実をフィーネが知ったらどうなることか・・・。

 

皆さんの感想


 

メインキャスト

イゼッタ/茜屋日海夏

フィーネ/早見沙織

ビアンカ/内田彩

ロッテ/東山奈央

エルヴィラ/花澤香菜

ジーク/高橋広樹

ハンス/KENN

ベルクマン/諏訪部順一

リッケルト/花江夏樹

バスラー/細谷佳正

 

公式サイト「終末のイゼッタ

こちらの記事は
トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket