Pocket

こんにちは
トーマです。

今回は話題の動画をご紹介させていただきます。

ロシアで撮影されたすごい肝っ玉の男性の動画です。
まずはこちらをご覧ください!

 
ここまで物事に動じない人っているんだなってなりました。
というか冷静に対処しすぎてる(;゚Д゚)

おにいさーん!隕石が降ってきてますよー!!
と叫びたいくらい。

こちらの男性からしたら
なんかまぶしいな
みたいな感じだったのかな?

それか気づいてなかったとか?
でも動作的にそれはなさそうですね!


こちらの動画のタイトルは「Russian Reaction To Meteorite
公開日は2013年2月20日

撮影された日時は定かではないみたいですが
2013年2月15日にロシアのチェリャビンスク州に隕石が落下していて
その時に撮影されたのではないかと言われているそうです。

 

・でもなんでゴルゴ13?

このような出来事にも表情に変化がない事
無表情で運転の続行
顔が微妙に似ている気がすると少し話題に

ゴルゴ

 

確かに似ているかも(゚A゚;)

任務は必ず成功させる」とか言い出しそうです!

もし外を歩いていて隕石が降ってきたらあなたはどうしますか?
おそらく大抵の人はパニックになると思います。
そりゃあそうでしょう、だって隕石が降ってくるんですよ。

確定ではありませんが、直径およそ10kmの隕石がメキシコユカタン半島に衝突して、恐竜やアンモナイトが絶滅したと言われてるくらいだから
ものすごいパワーですよね。というか恐ろしい・・・

僕は隕石が降って来るといった事態には遭遇したことはないのですが
この動画を見るといつか自分も隕石に出会いそうですね(;´д`)

でも動画の男性みたいに冷静になれるでしょうか(絶対に無理だと言い切れます)

ここから以下は隕石の説明になります。

“惑星間空間に存在する固体物質が地球あるいは惑星表面に落下してきたもののことである。

そうした固体物質は濃密な大気中を落下するあいだに高温となって気化するが、気化せずに残ったものが隕石である。
地球上で見つけられた隕石は、落下中にできた黒い溶融皮殻で覆われている。
隕石は非常にたくさん見つかっている。1985年までに発見された2700個の隕石では、落下するところが目撃されたのはおよそ45%である。
さらにたとえば、南極の地では日本の南極観測隊などをはじめとして各隊が1985年まででも7500個もの多量の隕石を回収した。隕石カタログ(Catalogue of Meteorites 2000年版)には22,507個(南極隕石17,808個を含む)が本物として掲載されている。このうち21,514個(95.6%)が石質隕石、865個(3.8%)が鉄隕石、116個(0.5%)が石鉄隕石である。”

参照:Wikipedia


Pocket