Pocket

第12話(最終話)「共鳴トライアングル」

あらすじ

東海大会目前のとある日、ハルタとチカは草壁先生が指揮者として交響楽団の勧誘を受けていることに気がつく。練習に集中できないチカだったが、芹澤直子の激をもらって切り替える。部長達の発案で先生に指揮棒をプレゼントすることにしたチカたち。皆で指揮棒を買いに楽器店に行った帰り道、偶然にも先生が電車でどこかへ行こうとしている姿を目撃する。気になって後をつけようと動くハルタにチカもついて行くのだった。ハルチカ12 1 ハルチカ12 2 ハルチカ12 3 ハルチカ12 4 ハルチカ12 5

 

全体を通しての感想

もう最終話!!12(終)っていう表記に現実を突きつけられた感じがしました。
全然終わる雰囲気なかったから余計に。
果たしてどう終わらせるのか!と思ってわくわくしながら見ました。

個人的に良い最終話だったなっていう印象です(*’-‘)b

特に演奏が始まってエンドロールが流れてからが良かったです。エンディング曲を省いて清水南高校吹奏楽部の演奏を持ってきたのが斬新で評価します!まるで映画のエンドロールでした。「晴れの日に」良い曲だな~としみじみ聴いちゃいました♪

急に終わってしまった感は否めないですが、東海大会までっていう最初の設定上仕方ないなって思います。今回の前半は草壁先生が自分たちの元を去ってしまうっていう不安が描かれていましたが、そのストーリーがあったからこそ、東海大会は全力で良い演奏をしようってチカたちは決心できたわけで、始めは前半の展開に少し物足りなさを感じましたが、全てを観終わって良かったなって思っている次第ですヽ(^◇^*)/

 

あと、1話の冒頭見返すことをお勧めします!今話では描かれていない舞台袖の緊張感が描かれていて、何の状況も把握できていないときに観たときとガラリと印象が変わって捉えられてとても面白かったです。全然違和感なく繋がってるから凄い。。

原作も続きあるだろうし、アニメもこれから普門館に向けて頑張っていこうって雰囲気なのでぜひ2クール目に期待です( ̄ー ̄)bグッ!

 

チカのつよがりに気づくハルタ。
ハルチカの涙シーンが素晴らしい。

みんなを励まそうと自分たちがいかに凄いところまできたかを力説するチカ。涙を我慢してる感じを表現しや目の下の赤み。ハルチカ12 11それを聴いているハルタは物憂げな表情をしている。このときからチカの我慢を見抜いていたのだろうな。ハルチカ12 12

その後チカが心配になり様子を見に来たハルタ。
このときの2人のやりとり、今話で最も良かったなって感じたシーンです。

まず2人の涙にもらい泣きしました。チカ役のブリドカット・セーラ・恵美さん、ハルタ役の斉藤壮馬さんにしてやられたり。2人の演技力が光る作品でもあったなぁ。
ハルチカ12 6普段チカを誉めないハルタがチカを誉める。口に出さないだけでチカに感謝していたハルタの言葉にチカは驚いた顔を見せる。ハルチカ12 7「僕は謎を解いただけ。みんなの心を解いたのはチカちゃんだよ」

これ名言です。この後照れ隠しでごまかす感じがハルタらしいね~

 

オチつきでサラッとした終わり方が良い

この感じ最高♪チカに最も惚れている2人と腕組チカ「良きかな良きかな~」

ハルチカ12 9次の部長に自分が呼ばれると期待して立ち上がったチカだが、部長の口から出た名前はマレン!「マ!!!・・・」

さすがチカちゃん。ハルチカらしい締め方で好評価です。こんなにサラっとした最後のアニメも珍しいですよね。
ハルチカ12 10

 

やっと演奏が聴けた!!

ハルチカ12 13今まで省略されてきたチカたちの演奏が初めて聴けて嬉しかったです!
しかもエンドロールで流れるとは

実際の中学生と高校生の演奏を使ってるってところがまた粋すぎる。吹奏楽に詳しくない僕にとったらこれが東海大会で銅賞レベル?!上との違いがよくわからない(笑)

約5分間のがっつり演奏を入れてくれてほんとありがとうございます~みんなの楽器弾いてる凛々しい姿が見れた\(*^▽^*)/

 

みんなの感想


最後に

普門館編ほんとに期待しちゃいます!ストーリー的には確実にできるだろうから、後はこのアニメの評価や人気など、大人な事情をクリアできるかどうかですね。

ともあれ、こんな素晴らしいアニメ作品を作って下さったスタッフの皆様に感謝です!ありがとうございました!!

読者の方、ハルチカの感想、今まで読んでいただきありがとうございました♪

春アニメは何を観ようか。軽くハルチカロスです(笑)とりあえず原作読もうと思います。

アニメ『ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜』公式サイト


Pocket