Pocket

キンジ(@areluja1)です。

2016年4月16日に公開される、名探偵コナンの劇場版タイトルが「純黒の悪夢(ナイトメア)」と発表がありましたね。

既に公開されていたPVやこのタイトルからも、コナンの宿敵”黒の組織”を中心とした物語であることは明白です。

コナンのストーリーでも人気がある彼らに迫る話ということで、ファンにとっては待ち遠しい限りです。

出典:『名探偵コナン 純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)』予告 東宝MOVIEチャンネルより

名探偵コナンの劇場版と言えば、良くも悪くも原作の物語の進行とは”別物”として作られてきましたが、前々作の「異次元の狙撃手(スナイパー)」では、工藤新一の家の居候である大学生”沖矢昴”が、FBIの捜査官”赤井秀一”だと明言するという、劇場版において原作で明かされていない情報を扱う試みをしました。

次作でもおそらくそうした試みをやってくれると大いに期待されます!

現在、3作連続で歴代興行収入記録を更新し続けている劇場版「名探偵コナン」。黒の組織編は原作でも人気のある物語なので、2016年の劇場版はさらに記録を更新することでしょう。

気になる内容は??


 

公式サイトであらすじが発表されました!

ある漆黒の夜、日本警察にスパイが侵入。イギリスの「MI6」、ドイツの「BDN」、
アメリカの「CIA」など各国の諜報機関、さらにはFBIの機密データを持ち出そうとするが、間一髪のところで安室透率いる公安が駆け付ける。スパイは車を奪って逃走。高速道路で安室とのデッドヒートを繰り広げ、他の車をも巻き込む大惨事になろうとしたその瞬間、スパイの車はFBI赤井秀一のライフル弾に撃ち抜かれ、道路の遙か下へ転落していった―。
翌日、コナンたちは東都水族館へ遊びにきていた。リニューアルしたばかりで大盛況の水族館。その目玉となる巨大観覧車の下で、コナンはケガをして独りたたずむ容姿端麗な女性を発見する。見ると、左右の瞳の虹彩色が異なる、通称“オッドアイ”だった。
しかし、女性は自分の名前もわからないほどの記憶喪失状態で、所持していた携帯電話は壊れてしまっている。その記憶が戻るよう手助けをすることを約束したコナンたちは、そのまま一緒に過ごすことに―。
一部始終を陰で監視していたベルモット。
そしてその場を後にしながらサイレンサーを取り出し、装着していたインカムに言い放った。「そのつもりよ、ジン。」
 
引用ー劇場版第20弾『名探偵コナン』公式サイト

ちなみにアメリカの「CIA」、「MI6」も「BDN」も実際に存在するイギリスとドイツの情報機関です。
 
おそらく劇場版の始まりを描いていますね。
 
そしてとある所で事件があって、
コナンたち(たぶん少年探偵団と蘭、阿笠博士)が休日に遊びに出かけていた先で、その事件と関係のある人物や事柄に遭遇っていうお決まりのパターンです(笑)
 
今回はいきなり安室、赤井、ベルモットが登場でわくわくしそうです♪
 

 

オッドアイってなに??


 

あまり知らない人もいると思うので少し説明します。

オッドアイとは、虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)のことであり、通称”バイアイ”もしくは”オッドアイ”と呼ばれます。

虹彩の色が右と左で異なる、または片方の瞳にある虹彩の一部の色が変わる形質のことだそうです。

主に動物に対して使われる言葉で、発症割合においてもイヌやネコに多く見られます。

こんな感じ。

オッドアイ ネコ
出典:http://prcm.jp/album/c25031688bd7/pic/9829971
 
 
ネコでも白猫に多く発症確率は25%だそうです。意外と多いんだ。
人間の場合はもっと低く、白人は0.06%で黄色人種では1万に1人の確率なんだそうです!
(日本人には約1万人いるんだって考えると多いような少ないような、でも僕はお会いしたことありません。気づいてないだけかも?)
 
ちなみに芸能人の奥菜恵さんがオッドアイとのこと!
日本人、黄色人種の場合は目の色が黒や茶なのであまり目立たないんだそう。
 
ということは目をじっくり見て話さないとわからない、ましてや街ですれ違う程度では判別不可能ですね。
 
 

ラム(RUM)とは一体!?


 

話をコナンに戻します。

黒の組織の一員だと思われるラムの存在は原作でもあまり語られていなくて、現時点でわかりうる情報は、

 

赤井「組織にいた頃は二度三度名前は耳にしたが、どうやら奴らのボスの側近らしい。」

  「とにかくいよいよ大物が動くとジェイムズに伝えといてくれ、ジン以上の大物がな。」(コミック85巻)

灰原「組織にいた頃噂で耳にした人物像は十人十色、屈強な大男だとか、女のような男とか、年老いた老人とか、それらが全部影武者だって言ってた人もいたわ。」

  「何かの事故で目を負傷して、左右どちらかの眼球が義眼らしいわよ。」(コミック86巻)

 

これくらいですね。

ネットではオッドアイの人物がラム?と言われていますが、どうなんでしょうね。

理由は、
灰原の言っていた「左右どちらかが義眼」に当てはまるからだとか。それだけじゃなんとも言えないです。

義眼だからオッドアイなのか、オッドアイだから周りから義眼だと思われていたのか、考えれば考えるほどラムという人物が謎めいてきました。。

 

冒頭に登場するであろうスパイと水族館でコナンたちが出会うオッドアイの女性が同一人物の線は高そう。

彼女がラムだとすると、

組織の命令でFBIの機密情報を持ち出そうとしたけど失敗。→組織から狙われて逃亡中にコナンたちと出会い救われる。

っていう形はありえそうです。

でも、

もしそうだとすると発表されたあらすじで登場した女性ってことになる。
それだとあまりにも無防備すぎるし、登場があっけなさすぎると思うので、その女性=ラムってのは浅はかすぎるかも。

ジン以上の大物、ボスの側近なのに1つの任務の失敗くらいで命狙われるかなー。

オッドアイ女性=ラムの影武者説浮上(笑)

s_2015-12-05 (1)

黒ムービーにも登場するこのオッドアイの眼差しは、その女性のものなのか、果たして別の人物なのか、ラムなのか、、
いずれにせよ今回の物語の鍵を握る存在なのは言うまでもありません。

この目の書き方的には赤井の妹”世良真純”じゃないの??って思うのですが、まさかそれはないよね。赤井の妹だし(笑)
「純黒の悪夢」は世良真純黒の悪夢!?

彼女がオッドアイだったらとっくにコナンとかに言われているはずですね。不毛でした~

いや待てよ、彼女にはもう1人兄がいる(秀一より年下で2人とは似ていないらしい)という話はある。。まさか。

 

ここでラム酒に焦点をあてて考えてみる。

ラムの正体に近づけるヒントは中々得られなかったが1つ気になることがあった。

この酒の語源は、

蒸留酒を呑んだバルバドス島原住民が酔って騒いでいる様子を見たイギリス人が rumbullion (デボンシャー方言で「興奮」の意)と表現し、その語頭を取ったという説。由来として有力だとされる。

rumbullionはバルバドス島のクレオール方言のピジン言語であり、その語源はラテン語セビーリャ方言の「茎」(rheu)と英語の(bullion)もしくはフランス語の「煮るもの」(bouillon)の合成語という説もある。

引用ーWikipedia

 rumbullion (デボンシャー方言で「興奮」の意)。
 
ラムは怒ると怖い人物なのかな~とか。。(笑)
 
 
いろいろ予想すると楽しいです♪
 
劇場版公開までにコミックやサンデーでもまた新しい情報が入ってくるかもなので、そちらに期待するとしましょう。
 
 

「純黒の悪夢(ナイトメア)」話は黒だけど、見終わったら白になる?!


 

原作者の青山剛昌先生は意味深なメッセージを残しています。

今年の映画は真っ黒な話ですが
見終わったあと
何色の気持ちになれるかは
あなた次第です(笑) ―原作者・青山剛昌
引用ー劇場版第20弾『名探偵コナン』公式サイト

ジンが「これで、ジ・エンドだ」って言ってますが、この映画でコナンたちの正体がバレて大ピンチってことにはならないと思います。

 
公安警察やFBIとは争うかもしれませんが、あくまでもコナンや灰原は直接的にはピンチにはならないで、オッドアイの女性にまつわる事件を解決していく話がメインになってきそう。
 
黒(の組織)を前面に押し出した広報になってますが、その傍らでは感動の物語があるのかな~
  

ポスターはこれですね。

純黒の悪夢 広告

出典:劇場版第20弾『名探偵コナン』公式サイト

この人の推理力はすごいなーって感心させられました。すごい着眼点でちゃんと理由もあって説得力があります。

色の三原色で見終わったら白になるっていうのは本当に当たっている気がします。青山さんがやりそうな頭文字取りですよね( ̄ー ̄)bグッ!

最後に


 

書きたいこと書いた感じのまとまりのない構成になってしまいましたが、楽しんでいただけたでしょうか?(不安)

結局結論には至ってません(ノω・、) っていうかあれこれ予想なので結論なんてないよね。

コナンの黒の組織についてはみんなで予想して楽しめる最高のテーマだと思います♪今回再認識!

いろんな人がいろんな考察していて面白いです♪

また情報が入ったら加えようと思います!

劇場版第20弾『名探偵コナン』公式サイト


Pocket