Pocket

こんにちは
トーマ(@7sqki_laura)です。

「会社に行くのに憂鬱~」
みたいな時がありますよね。

特に連休明けとか、朝起きて全く気分が乗らないときなど
「もう休んじゃえ」
ってなる事は多くの人が経験していると思います。

決して体調は悪くないけれども仮病を使って休むのか?
それとも気分は乗らないけれども会社に行くのか?社蓄


今回の内容は
2015年8月にマイナビウーマンがアンケートを実施した結果です。

有効回答数202件(22歳から39歳の働く女性)

Q.会社を仮病で休んだことはありますか?

「ある」20.3%
「ない」79.7%

仮病を使って休んだことがある人は約2割という結果に!
意外と多かったですね。でも休んで何をしていたのでしょうか?
気分転換に買い物とか家でごろごろとか?

気になる理由が明らかに!

■病気ではないけれど

・「二日酔いだったが体調が悪いと言って休みました。一日いい子にしていました」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「実際は二日酔い。熱があると言って休んだ。一日だらだらしてた」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「彼氏とケンカして号泣したので、次の朝、目が亀みたいに腫れて外に出られなかった」(36歳/不動産/技術職)

確かに「二日酔いなんで休みます
なんて言ったらヤバイですよね。
やはりそこは自分の体調が悪いというしかない!
彼氏ともめた事も正直に会社に報告することも出来ません。
休みを取る本当の理由は人それぞれです。何かしらトラブルがあったら会社に行く気力というものは無くなってしまうのでしょう。

■やりたいことがあった

・「熱が出たので休みますと言って休み、そのまま週末を挟んで韓国旅行に行った」(28歳/機械・精密機器/その他)

・「バーゲンに行くのに有休がとれなかったので、体調不良で休んで出かけた」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「有休がまだ発生していなくどうしても行きたい旅行があったので仮病を使いました」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「転職活動していて、どうしても面接に行きたかったので」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

仕事よりも大事なことがあるという解釈でもいいのでしょうか。
有休があったら気軽に休めるところもあるとは思いますが、簡単に取れないところも実際のところあります。
ただ僕の知り合いの体験談なのですが、仮病で休んだとき何かに追われてる感が半端なかったらしいです。
しかも出かけると誰かに会いそうなので家で過ごして終わったとの事。

■やる気が出なかった

・「休日明けでしんどくて出社するのが嫌になって、風邪をひいたと嘘をついて、さらに2日休みました。もちろん、ベッドで寝てばかりです」(31歳/その他/その他)

・「やる気がなかったため。家で溜まっているやることを終わらせた」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「どうにも起きられなくて。具合が悪いので休むと連絡したあと、二度寝して、そのあともダラダラすごしました」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「慢性的に会社に行くのがいやだから定期的に休む。頭が痛いといって休む。外に出ると職場の人に合うので遠出するか家でだらだらする」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

やっぱりやる気って大事ですね。
この回答を見た限り会社でのストレスで、行きたくないのも理由として当てはまると思います。
でも家にずっといると自分を追い込む人も中にはいるらしいので、一人で軽く遠出して普段行かないところへ行ったりして気分を変えてみるのもいいかもしれません。

景色

いろんな回答がありましたけれども、無理をしてまで会社に行く必要はないかと思います。
やはり自分第一で動かないと精神的にも辛いところがありますので。
たまには吹っ切っちゃてもいいでしょう。ただ仮病の多用にはご注意をしてください。あまり使いすぎると疑われる事もあると思いますので。
そして休んでその後会社に行った場合は、きちんと周りに感謝の気持ちは大事だと思いますので、どんな嫌な職場の人でも迷惑をかけた事には違いないので一言でもお礼を言うのが得策でしょう。

引用元:ライブドアニュース


Pocket