Pocket

文豪ストレイドッグス 19話
「ウィル・オブ・タイクーン」

あらすじ

“ポートマフィアからリークを受け、郊外に避難していたナオミと春野の誘拐に乗り出す組合(ギルド)のジョン・Sとラヴクラフト。危ういところを、ありふれたモラルを越えた谷崎の愛が救う。一方、敦と太宰は、逃げてくる彼女たちを安全な場所まで護衛するため駅で待っていた。監視されていることに気付いた太宰は、敦から離れて樋口と黒蜥蜴をおびき出す。しかしそこで、最悪な展開を告げられるのだった。鴎外が、忌まわしき「Q」を解き放った、と――。”

引用元:文豪ストレイドッグス公式サイト

 

ジョン&ラヴクラフトvs国木田&谷崎!
この対決は熱い!

文スト192文スト191

出典元:文豪ストレイドッグス19話
© 2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会

 

見応えのある対決でしたね~。ギルド2人の異能力が不気味すぎたのも非常に印象的!

何よりラヴクラフトの能力はいったいどういう能力なのだろう。銃で撃っても死んでいないし、なおかつクラーケンみたいな触手を出していたし・・・。

この異常ともいえる2人を相手に苦戦した国木田と谷崎。でも妹を愛するが故に奮闘した谷崎もさすがでした。

2人を次こそは倒すためにぜひリベンジしてほしい!できればこの組み合わせのままで!

 

放たれた「Q」。
こいつはヤバイな!!

文スト193文スト194

出典元:文豪ストレイドッグス19話
© 2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会

 

森鴎外が封印から解き放った「Q」、こいつは非常に危険な存在だという事が分かった。ポートマフィアからもまた厄介な相手が出てきたものだな。

精神操作の異能力を持つ「Q」。要するに精神崩壊を起こさせることが可能という風に考えればいいのかな。

実際に敦はまんまとはめられ異常行動に走ってしまったし。

あの太宰でさえも恐れる存在!果たしてこの厄介な相手と今後対峙するのは誰なのか?

 

皆さんの感想


 

最後に

この三社の戦いは容易ではない、という事が今回の話で大きく伝わってきました。

本当に探偵社は無事に勝ちきれるのかな?敦は再びピンチとなり鏡花が助けに来てくれたけど。うーんどのような展開になることやら!!

 

アニメ『文豪ストレイドッグス』公式サイト

<STAFF>

原作:朝霧カフカ
漫画:春河35(「ヤングエース」連載)
監督:五十嵐卓哉
シリーズ構成・脚本:榎戸洋司
キャラクターデザイン:新井伸浩
総作画監督:新井伸浩
銃器デザイン:片貝文洋
プロップデザイン:ヒラタリョウ
美術監督:近藤由美子
美術監督補佐:田邊浩子(KUSANAGI)
色彩設計:後藤ゆかり
撮影監督:神林剛
編集:西山茂
音楽:岩崎琢
音楽制作:ランティス
音響監督:若林和弘
音響制作:グロービジョン
アニメーション制作:ボンズ
製作:文豪ストレイドッグス製作委員会

 

<主題歌>

オープニング:「Reason Living」 SCREEN mode
エンディング:「風が吹く街」 ラックライフ

 

こちらの記事は
トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket