Pocket

第8話「止まった心臓」

あらすじ

炎帝の列車で宝島を目指していた東たちは、線路を歩いていた1人の男に気づき列車を急停車させる。その英語を喋るテンションの高いアメリカ人の男の名は”エピゾ”。独特のノリについていけない柊や木乃亜だったが、東だけはなぜか意気投合していた。

一方その頃、ロシアのブブキ使いたちが、礼央子たち炎帝のメンバーが手に入れた「首なしブランキ」の心臓を奪取する。ブブキ8 1ブブキ8 2・・・・

・・・・

・・・・・・・・。

なんじゃこりゃー!!!

一気に登場人物増えすぎでしょ!頭が混乱したのですぐにもう一回見てやっと状況判断しました(笑)

そしてノリが今までと変わりすぎてて(ほとんどエビゾの影響)少しついていけなかった。エビゾだけが絵もノリもアメコミ要素強すぎる(笑)なぜこうしたのか制作陣の意図が読めないな。。

でも個人的には良い意味で度肝抜かれたし、置いて行かれた感があるけど、これからどうなるのか予想しがいあるし楽しみです♪

新キャラ整理

とりあえず詰め込めんで全員紹介したって感じだったので、分かった情報付きでキャラを整理しますね(*゚∀゚)

アメリカ(ブランキ:メガララ)

謎のおじさん ギー・バルウィユ・アベイユ(山路和弘)

心臓・・・エピゾ・エヴァンス(細谷佳正)

右手・・・リュイス・ガルシア(木島隆一)

左手・・・ファラー・ウムラウフ(葉山いくみ)

左足・・・ワグルラ・ハラ(山下大輝)

右足・・・ドミナ・ドーシ(和気あず未)

ロシア(ブランキ:ザンパサ)

心臓・・・マクシム(    )

右手・・・リュドミラ・アルセーニエヴナ・バラキレヴァ(浅倉杏美)

左手・・・ジアーナ・アルセーニエヴナ・バラキレヴァ(小林ゆう)

右足?・・・イグナート・ボスボロス(古川慎)

左足?・・・デルス・ニジニ(山下誠一郎)

 

アメリカチームはエピゾがイジられキャラ、ロシアチームはバラキレヴァ兄妹とイグナート、デルスの間に主従関係があるみたいです。

新キャラについて

チームロシアも心臓を奪いにきたことから、エピゾや東のようにマクシムも心臓が止まっているのではないでしょうか。なぜ心臓が止まってしまったのか、もし彼ら皆が止まっているとしたら、彼らに原因があるのではなく、ブブキやブランキのもっと根本的な問題と繋がってくるような気がします。

個人的には兄にマクシムをもつ、リュドミラとジアーナの双子が気に入りました!ブブキ8 9ブブキ8 11ブブキ8 8普通に可愛い!!ゴスロリチックな感じがたまらないっすね(´0ノ`*)

全体通して2人の掛け合いが素晴らしく、マクシム愛を語るときの変態っぷり、静流をいたぶる時の狂気な感じの対比が良かった♪

リュドミラは僕の大好きなあずみん。今期で言えば「蒼の彼方のフォーリズム」の鳶沢みさきとは全然違う雰囲気で( ̄ー ̄)bグッ!

 

礼央子について

ブブキ8 10炎帝を操る度に心臓が止まる礼央子。心臓が動き、意識を取り戻すと精神が幼児化する体質のようですね。肉体年齢の16歳に戻るのかな?と思っていたけど、前の牛乳の時といい今回といい、もっと幼い子供へと精神退化している気がします。

しかも宗也が焦っていたことから、何回も繰り返すたびに心臓が動くまで時間がかかるようにもなっているみたいです。

礼央子の肉体の謎は今後明かされていくのでしょう。

(肉体も退化している??)

 

みんなの感想


最後に

たしかに王舞と炎帝、アメリカとロシアでキャストクレジットが分かれていたのは、味方と敵って考え方は面白いですね。その発想はなかった。

王舞、アメリカ、ロシアの少年、少女チームと炎帝の大人チームって感じに分けることが出来ると思います。少年チームは若さでノリと勢いで動いているけど、大人チームは冷静に行動し、実力も上だしかっこよく見えたね。特に石蕗先生と絶美さんが素敵でした~o(^▽^)oブブキ8 13 ブブキ8 12まさかロシアの双子ちゃんの師匠だったとは。ブブキ使いの世間は狭いね(笑)

この4チームが今後どう絡んで、宝島にどうやって行くのか。結末が全く見えない。果たして1クールか2クールか。。ますますブブキ・ブランキ盛り上がりを見せそうですね!!

なんとなくですがアメリカとロシアはすぐにやられそうな気がします・・・

ブブキ・ブランキ | BUBUKI/BURANKI


Pocket