Pocket

第15話「右手の傷」

あらすじ

にらみ合う東と薫子の周囲で繰り広げられる、手足のブブキ使い同士の戦い。
木乃亜の猛攻に身を守るしかない温。静流に圧倒される白。
趙も黄金に一切の攻撃を封じられていた。
そしてラクシミもまた、柊とイワトオシの主従を超えた連携に苦戦を強いられていた。
リーダーである劉に一方的に支配されるがままだったアジアチームの面々は、リーダーの東に縛られることなく奔放に戦う柊たちとの戦いを通し、ある変化の兆しを見せ始める。

TVアニメ「ブブキ・ブランキ 星の巨人」公式サイトより

 

木乃亜、黄金、静流、柊が強くてびっくり!!

短い戦闘だったけど、王舞のみんながアジアのブブキ使いを圧倒してる様は見ていて気持ちよかったです!

礼央子たちやアメリカやロシアのブブキ使いとの戦闘を経て、ブブキと意思を共有できるようになったことは、他のブブキ使いたちにはない強みになっていきそうです♪

4人の戦闘を見ていて思ったことは、柊がだいぶイワトオシに助けられている感じがしたのと、静流はやっぱり最強だなって改めて感じたことです。

出典:© Quadrangle / BBKBRNK Partners

このシーンの柊なんか「あ、やっべー!!イワトオシ!!??」って顔しているし(笑)

この戦闘を経験したことで、心臓である劉毅に手足の趙櫻蘭たちがどのように立ち向かっていくか楽しみです(^^)

 

右手ちゃんの傷の謎が明らかに。黄金も周作も辛いな

ブブキ15 2

出典:© Quadrangle / BBKBRNK Partners

そういうことだったのかぁぁ!!!

黄金の父である朝吹玄馬が殺される瞬間は今まで映っていなかったので、だいたい的場井周作が殺したのではないだろうなってことは予想がつきましたが、なるほど部下が周作を守ろうとして咄嗟に発砲したのか(ノ゚ω゚)ノ

その後、黄金がやってきて倒れて反応のない父を見て、その横に銃を持った周作がいたらそりゃ黄金は彼が父を殺したと思うだろうし、その場合たとえ自分には殺す意思がなかったとしても、周作には何の良い訳もできない状況ですよね~

黄金を守るための必死になった右手ちゃんが、その黄金を殺しかけない勢いだったから周作はそれを破壊して黄金を守ろうとした。

ブブキ15 4

出典:© Quadrangle / BBKBRNK Partners

そのときの銃弾が当たった傷が右手ちゃんの目にあった傷だったんですね~

2話からこの傷はなんだって思ってたのでやっと判明してスッキリ♪もはやデザインなのかなって思ってました(笑)

その後も1人身となった黄金ちゃんの幸せを願ってるからこそ、右手ちゃんというブブキの破壊をしようとしていた周作。黄金のためのせめてもの罪滅ぼしって言ってたけれど、玄馬というかつてのライバルでありいわば仲間ではないけれど戦友的存在だった人物への償いっていう意味もあったのではないだろうか。

周作があの日あそこに行かなければ玄馬は死ななかった。周作にそんな意思はなかったからこそ彼も辛い立場だなって心底同情的になる想いでした。

周作寄りに書きましたが、逆に黄金のどうしようもない感情がビシビシ感じられるシーンで泣きそうになりました(ノω・、) ウゥ・・・

ブブキ15 5

出典:© Quadrangle / BBKBRNK Partners

周作が話した父親の死の真相について知った黄金は、父の仇であるはずの周作を殺すことがどうしてもできない。

これは周作の玄馬や黄金に対する純粋な気持ちを読み取ったこと、周作にも子どもができたと知り、その子どもにも自分のような寂しさを味わってほしくないという想い、そして黄金の優しさからきているものでしょう。

もし今回周作の話を聞いてなかったら、黄金は能力を失った周作を殺していたと想いますね。

ブブキ15 6

出典:© Quadrangle / BBKBRNK Partners

 

どうしようもない気持ちになってしまった黄金の号泣シーンは神ってた。小澤亜李さんの泣き方ほんと感情揺さぶられます(;д;)

それくらい黄金ちゃんはキレたらマジで恐い。。

ブブキ15 3

出典:© Quadrangle / BBKBRNK Partners

この顔マジで恐い・・・

 

薫子炎帝誕生の瞬間・・・くどい!!

さすがの薫子演出でした~

ブブキ15 7

出典:© Quadrangle / BBKBRNK Partners

何回下から上がってくんねん!っていうね。

でもそれくらい薫子のテンションが上がっているということは十分伝わりました( ̄ー ̄)bグッ!

(ギーにうまく利用されている薫子。まあWINWINの関係なのかな?)

薫子炎帝VS王舞がもうすぐ見られるということで、果たして礼央子炎帝並に強いんでしょうか~

個人的予想では、薫子炎帝は王舞にあっけなくやられると考えてます。

理由は、、、薫子だから。なんとなく負け!負け!ってきて東に泣きつくんじゃないかな~

やっぱり炎帝は最強でした。っていうオチは容易に考えられます(笑)

みなさんの感想

 


最後に

エピゾの「だから俺は言ってやった・・・」でブチッと場面が切り替わるシュールな笑いがツボでしたヾ(>▽<)ゞ
ブブキにところどころ見られる笑いって、どこか他の作品にはない笑い要素のあるものが多くて僕は好きです♪全く詳しくないので間違ってたら申し訳ないですが、アメコミ的笑いというのかな??

 

ブブキ・ブランキ 星の巨人 | BUBUKI/BURANKI

<STAFF>

原作: Quadrangle
監督: 小松田大全
キャラクターデザイン: コザキユースケ
ブランキデザイン: 吉川達哉
ブブキデザイン: あさぎり
シリーズ構成・脚本: イシイジロウ, 北島行徳
メカニックデザイン: 高倉武史
プロップデザイン: 岩永悦宜
サブキャラクターデザイン: 尾崎智美
ビジュアルデザイン: 有馬トモユキ, 瀬島卓也
CGスーパーバイザー: 鈴木大介
モデリングディレクター: 足立博志
テクニカルディレクター: 金田剛久, 小嶋理子
アニメーションディレクター:
植高正典, 石川真平, 三村厚史, 中村基樹
美術監督・設定: 金子雄司
色彩設計: 垣田由紀子
撮影監督: 池田新助
編集: 廣瀬清志
音響監督: 明田川仁
音楽: 横山克
音楽制作: KADOKAWA
制作: サンジゲン
製作: BBKBRNK Partners

 

<CAST>

一希東: 小林裕介
朝吹黄金: 小澤亜李
野々柊: 斉藤壮馬
扇木乃亜: 石上静香
種臣静流: 小松未可子
万流礼央子: 潘めぐみ
的場井周作: 津田健次郎
間絶美: 日笠陽子
新走宗也: 木村昴
石蕗秋人: 興津和幸
一希汀: 柚木涼香
一希明: 小山力也
一希薫子: 金元寿子
ギー・バルヴィル・アベイユ: 山路和弘
エピゾ・エヴァンス: 細谷佳正
リュイス・ガルシア: 木島隆一
ファラー・ウムラウフ: 葉山いくみ
ワグルラ・ハラ: 山下大輝
ドミナ・ドーシ: 和氣あず未
マクシム・アルセーニエヴィチ・バラキレフ:
河西健吾
リュドミラ・アルセーニエヴナ・バラキレヴァ:
浅倉杏美
ジアーナ・アルセーニエヴナ・バラキレヴァ:
小林ゆう
イグナート・ボスボロス: 古川慎
デルス・ニジニ: 山下誠一郎
レティシア・ニルギリ・スワンソン: 本渡楓
モーゼス: 三宅健太
劉毅: 浅沼晋太郎
趙櫻蘭: 長縄まりあ
温子儒: 熊谷健太郎
白靖承: 江口拓也
ラクシミ: 園崎未恵

 

<主題歌>

オープニング
「玲瓏たる純潔は『紅炎』の傀儡を疾らせ、暁天に燦めく証を刻む。」
作詞・作曲・編曲 – té / 歌 – 万流礼央子(潘めぐみ)

エンディング
「so beautiful; – )」
作詞 – タナカ零 / 作曲・編曲 – fu_mou / 歌 – 種臣静流(小松未可子)

 

この記事はキンジが担当しました。
Twitter(@areluja1)もやってますのでよかったら絡んでくださいな~


Pocket