Pocket

第11話 「未来」感想

あらすじ

水中で意識を失った悟が目覚めたのは15年後のことだった。15年後の間、付きっ切りで看病してくれた母親・佐知子は、悟が過去の記憶を思い出すことを敢えて避けているようだ。ケンヤとヒロミがお見舞いに来てくれたが、彼らもまた佐知子に何か言いくるめられているような雰囲気を感じる悟。そんな中、とある子供連れの女性がやってくる。―それは悟が運命を変えた”雛月加代”だった。僕11 1 僕11 2 僕11 3 僕11 4

 

いきなり15年後か・・・

この展開は予想してなかった。。

てっきり「お前の未来を知ってるぞ」っていう悟の言葉に反応した八代に助けられて、そのすぐ後から始まるか、リバイバルする前の逮捕された29歳の世界に戻るかだと思っていました。

リバイバルした世界で15年経過したので、もはやリバイバルした世界と29歳の世界の区別がつかなくなりました(笑)このままあの逮捕された世界は消滅!?それはないか( ̄ω ̄;)

この世界で八代を追い詰めて、29歳の世界へ戻り愛梨と無実を証明するって結末なのか?原作読んでないので何とも言えませんが、アニメオリジナルの結末があるのかな?

 

雛月とヒロミの結婚の意味

まじすか!!!???

初めはただただ驚きしかなかったけど、よく考えたらこの2人は悟によって死ぬ運命を回避した人物。この2人が結婚して子供が生まれることによって、悟が新たな命を誕生させた、という事実を強調したかったのかなって思います。悟の行動が未来を変えたことを形として表したのが、雛月とヒロミの結婚そして子供の誕生だったのだと思います。

雛月の姿を見て悟が号泣したシーンは感動しました。BGMだけで押し切ったのがよかったね。

ってか雛月可愛い( ̄∇ ̄*)ゞ

 

八代(西園)の悟の狙いとは?

僕11 7

悟の前にあっさり出てきた八代。まさかピザ屋で店長と話していた西園が八代だったとは。あの世界では市議会議員を利用して店長から情報仕入れてたのかー。普通にしてたらほんと良い人なんだけどなー(笑)

病室で八代といたときから記憶は戻っていたんだろうか。ドーンっていう効果音がやけに気になりました。八代と共にエレベーターに乗ったときから急に悟の態度が変わり、屋上で「俺の記憶は戻っているぞ」という発言。戻っているぞということはおそらく八代に会ったときから記憶は戻っていたってことでしょう。

悟なりに何らかの考えがありこの場での宣言だと思うので、この後の展開がどうなるのか楽しみです♪ケンヤと澤田とも何か手を打っているのかな??期待が膨らみます!!

また八代も車椅子を掴む指をはじく仕草から、屋上で悟と2人っきりになることを心待ちにしていたようです。お互いの思惑が交差してますね~

この仕草、15年前の車でもしてた。あのときも興奮してたのか・・・僕11 5

でも15年も経って八代は時効なのかな?(リアルでは殺人事件での時効は廃止されたけどこのアニメの世界ではどうなのか)とゆうか雛月やヒロミ殺害は悟に阻止されたけど、他の女児をあの後殺害したのかな???

 

みんなの感想


最後に

あーみなさんの感想見てすごい考察力だなと感心。自分の感嘆しかない感想が情けない。。「(´へ`;

特に、OPとEDの変化には驚き!まさにOPはタイトル回収で悟がいなくなってるし、EDは15年後に合わせて雛月の性も杉田になってる。そして皆の表記をカタカナから漢字に変えたのは、より現実感を出すためなのか?これが正規ルートっていう証なのか?!

次週で最終話。八代とどう決着をつけるのか見物ですね(゚-゚;)

そして実写も気になります!!

TVアニメ「僕だけがいない街」公式サイト


Pocket