Pocket

16話「狩人の銃弾」

あらすじ

“雲海の上を自由自在に飛行するブランキ“炎帝”。
それを操っているのは礼央子ではなく、薫子だった。
ギーの率いるデモクラティアは、炎帝に薫子を疑似的に礼央子だと認識させることを技術的に可能にしていた。
炎帝の圧倒的な性能に酔いしれる薫子に、デモクラティアの内部に裏切り者がいると告げるギー。しかもその裏切り者が自分と同じブブキ使いだと知らされ、さらにその抹殺を命じられた薫子は当惑を隠せずにいるのだった。”

引用元:ブブキ・ブランキ公式サイト

 

四天王は生きている!
共闘となると頼もしすぎるぞ!

ブランキ161

出典元:ブブキ・ブランキ16話 © Quadrangle / BBKBRNK Partners

 

礼央子につく四天王。周作だけ生き残ったのかと思いきや、他3人も生きていることが判明!

もしこれから協力していくとなると心強すぎる仲間になるのは間違いないでしょう!にしても今回から周作の素直なキャラが良すぎます。誤解をやっと取り除けたからかな。

礼央子を捕らえているギー、薫子を利用し何かを企むギー、全てを陰で操っているのはギーだと思えば互いの目的は一致します。

おそらく徐々に四天王は集まってくるのではと予想。ピンチで一人ひとりが助けに来てくれることを願うしかない!

 

ブランキ162

出典元:ブブキ・ブランキ16話 © Quadrangle / BBKBRNK Partners

 

この絵が何ともいい感じ。指導者と教え子みたいな。四天王でさえも慎重に動いている事から、ギーという人物はやはり何か秘密がありそうですね。

味方でさえも知らない恐ろしい秘密があるのかと、勝手に想像を膨らませております。

 

マクシムが変わりつつあった。
だがギーの策略が全てを奪う!

ブランキ163

出典元:ブブキ・ブランキ16話 © Quadrangle / BBKBRNK Partners

 

東との戦闘で自分の足りないものを理解し、今まで気にも掛けなかった仲間を心配するマクシム。これはもしかして東達と手を組んで共闘かぁ~とここまで期待していました。

普段は最強の上目線だったけど優しいマクシムも素敵!人が変わると見る目も変わりますな~。

このまま皆と和解し話は進んでいくのか~と思った人は多かったはず。

 

ブランキ164

出典元:ブブキ・ブランキ16話 © Quadrangle / BBKBRNK Partners

 

いい感じになってきたロシア勢に謎の攻撃が襲い掛かり、次々と命を落とすメンバー。

攻撃の犯人は操られながらも意識はあるリュドミラだった。ここはもう見ているだけで悲しすぎる!事の顛末を見ていたマクシムは最後までリュドミラと対峙し、全てはギーの洗脳だと気づく。

だが時既に遅し。

 

ブランキ165

出典元:ブブキ・ブランキ16話 © Quadrangle / BBKBRNK Partners

 

状況を全て理解したマクシム。ギーへの怒りを露にしたが力尽きここで果て、リュドミラも自決。

せっかく分かり合えるメンバーになってきたのに、全てはギーの思い通りだったというわけか。やはり許せない・・・。このままだと薫子も危険なのでは??

 

礼央子様!!
早く東達が助けに行かねば!

ブランキ166

出典元:ブブキ・ブランキ16話 © Quadrangle / BBKBRNK Partners

 

一応無事みたいですね。良かった!

でも炎帝から離れ力入らずという状態だそうで、ギーには言われるがまま。果たしてヤツの目的は未だにわかりません。

でも何かとんでもない事をしようとしているのは明らかでしょう。それは礼央子を利用して行われるのかもしれない。でないと捕らえている意味が見当たりませんし。

東や四天王が到着し彼女を救うには、薫子とギーが立ちはだかるのでしょう。

炎帝を取り返せば礼央子は復活!その日よ早く来い!

 

皆さんの感想


 

最後に

まさか何だかんだ縁があったロシアがあんな終わり方をするとは。

東達と一緒に戦って欲しいという思いもありました。これで皆が止めなければいけないのはギーだと確定でいいのかな!

その前にまずは薫子も止めないとね・・・。

 

ブブキ・ブランキ 星の巨人 | BUBUKI/BURANKI

<STAFF>

原作: Quadrangle
監督: 小松田大全
キャラクターデザイン: コザキユースケ
ブランキデザイン: 吉川達哉
ブブキデザイン: あさぎり
シリーズ構成・脚本: イシイジロウ, 北島行徳
メカニックデザイン: 高倉武史
プロップデザイン: 岩永悦宜
サブキャラクターデザイン: 尾崎智美
ビジュアルデザイン: 有馬トモユキ, 瀬島卓也
CGスーパーバイザー: 鈴木大介
モデリングディレクター: 足立博志
テクニカルディレクター: 金田剛久, 小嶋理子
アニメーションディレクター:
植高正典, 石川真平, 三村厚史, 中村基樹
美術監督・設定: 金子雄司
色彩設計: 垣田由紀子
撮影監督: 池田新助
編集: 廣瀬清志
音響監督: 明田川仁
音楽: 横山克
音楽制作: KADOKAWA
制作: サンジゲン
製作: BBKBRNK Partners

<CAST>

一希東: 小林裕介
朝吹黄金: 小澤亜李
野々柊: 斉藤壮馬
扇木乃亜: 石上静香
種臣静流: 小松未可子
万流礼央子: 潘めぐみ
的場井周作: 津田健次郎
間絶美: 日笠陽子
新走宗也: 木村昴
石蕗秋人: 興津和幸
一希汀: 柚木涼香
一希明: 小山力也
一希薫子: 金元寿子
ギー・バルヴィル・アベイユ: 山路和弘
エピゾ・エヴァンス: 細谷佳正
リュイス・ガルシア: 木島隆一
ファラー・ウムラウフ: 葉山いくみ
ワグルラ・ハラ: 山下大輝
ドミナ・ドーシ: 和氣あず未
マクシム・アルセーニエヴィチ・バラキレフ:
河西健吾
リュドミラ・アルセーニエヴナ・バラキレヴァ:
浅倉杏美
ジアーナ・アルセーニエヴナ・バラキレヴァ:
小林ゆう
イグナート・ボスボロス: 古川慎
デルス・ニジニ: 山下誠一郎
レティシア・ニルギリ・スワンソン: 本渡楓
モーゼス: 三宅健太
劉毅: 浅沼晋太郎
趙櫻蘭: 長縄まりあ
温子儒: 熊谷健太郎
白靖承: 江口拓也
ラクシミ: 園崎未恵

<主題歌>

オープニング
「玲瓏たる純潔は『紅炎』の傀儡を疾らせ、暁天に燦めく証を刻む。」
作詞・作曲・編曲 – té / 歌 – 万流礼央子(潘めぐみ)

エンディング
「so beautiful; – )」
作詞 – タナカ零 / 作曲・編曲 – fu_mou / 歌 – 種臣静流(小松未可子)

 

こちらの記事は
トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket