Pocket

こんにちは
トーマです。

今回は誰もが気になったことがある
口臭」についてです。

よく電車の中などで
「あの人の息が無理ー!」
みたいな会話も聞きます。

「もしかしたら自分の口が臭いのではないか?」
と思ったことがある人もいるはず。
そりゃ気になるでしょう。

口臭


2011年8月に江崎グリコによって発表された「人との距離感覚に関する意識調査」では
男女両方ともに、「口臭」が人と接する際に気になるもしくは不快(83.4%の回答)に感じているそうです。

臭いで判断されるのちょっと複雑ですけど、やっぱり相手側も気になるんですね。
というわけで今回は誰もが気になる「口臭」の原因と対策をまとめてみました。

口臭の原因

口臭は生理的口臭病的口臭があります。

生理的口臭・・・普通に生活していて誰しもが発するニオイ。生活習慣を変えるだけで改善できる。食べ物(にんにく、ニラなど)、アルコールなどが原因でもあります。基本的に臭いがキツイと言われてるものばかりですね。
歯垢が増えるなどしても臭いになるので、口の中はしっかりと歯磨きをして清潔にしましょう。
歯の磨き方は→ 正しい歯磨きの仕方

病的口臭・・・虫歯、歯周病、糖尿病、蓄膿症・・・etc。これら以外にもまだまだあります。
口臭の原因となる病気は多いそうで、専門医に相談し、まずは治療に専念が大事だそう。
病気が原因の口臭について詳しく知りたい方は→ スキンケア大学

 

気になる口臭の対策

烏龍茶を飲む

口内の細菌の増殖を防ぐ、殺菌作用を持った「タンニン」が含まれており、肉などを食べた後に飲むのが効果的。また歯のエナメル質まで保護してくれる。ちなみに緑茶も口臭対策になるらしい。

すっぱいものを想像する

唾液の役割は、口臭予防の役割があり、口内の殺菌、抗菌、洗浄効果がある。唾液が減ると口臭が発生します。ということはすっぱいものを想像すると唾液が出てきます。もし想像だけでは無理がある人がいれば実際にすっぱいものを口に入れるのが良いかと。

朝食は必須

空腹だと唾液がネバネバになったりして口臭が気になってきます。朝食を食べると唾液が出てきて、その日の口臭は安心かも。もし朝食がとれない場合は水を飲むだけでも口臭をある程度は防げるらしいです。

舌が汚れたなら口臭も気にしてあげて

自分の舌が白くなった気がしたら「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる細菌の固まりかもしれません。主に食べかすが舌の細胞に残り変化したもの。この「舌苔」が口臭を発生させるためにも、「舌ブラシ」という便利なものも販売されておりますので、舌を傷つけない程度に磨いてあげてください。

 

対策のほうでは主に生理的口臭に触れていたのですが、病的口臭の場合は専門医に相談するのが一番かもしれません。
病的口臭の対策のまとめとしておすすめのサイトは→「スキンケア大学


Pocket