Pocket

TVアニメ「甘々と稲妻」第1話「制服とどなべごはん」の感想を書きます。

※原作未読です。

甘々と稲妻1 7

出典:© 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会 TVアニメ「甘々と稲妻」第1話より

何の情報もなく見始めたので料理アニメだと知って驚いてます!

てっきり父親と娘の日常を描いた作品だと思っていました。(大半は合っている。笑)

つむぎに癒されて、娘っていいな、食事っていいなって笑顔になれる良い作品だなという印象ですね。

ほどよくギャグもあって笑えるし、生きていく上で大切なことを考えさせられる部分もあってじんわりもくるし、

まだ1話だけしか見ていないですが、これは間違いなく最後まで楽しめそうだ!と思えた作品です。これって珍しいです。これぞ人に勧めたくなるアニメですよ~

1話は白ごはんしか出てきませんが、それでもお腹が空いてたまらなかったです。これからは食事の前に見ようかな(笑)

 

1話で感じた”食事”のあり方

「ゴハン食べるの久々ねー」

「ゴハンはずっと食べてただろ」

「・・・オトサンと食べるの久々ねー」

「・・・そうだったっけ・・・」

このやり取りはジーンときました(ノω・、) ウゥ・・・

弁当で済ませる毎晩の食事はもはやつむぎにとってゴハンではない!1人で食べるゴハンはつむぎにとってマジガルの付属品みたいな存在なんでしょうね。

そして、

小鳥が焚いた白ごはんをおいしそうに食べるつむぎを見て、続けて公平が白ごはんを食べるシーン。

公平がつむぎに「これからは自分で食事を作って一緒に食べよう」と宣言したとき、つむぎは大喜びで公平に抱きつきます。そのときに”オトサンと一緒に”を強調していたことが印象的でした。

これらの場面ではっきりしたのがつむぎにとって重要だったのは、おいしい料理よりも公平と一緒に食べること。

 

おいしい料理<一緒に食べる

 

もしかすると、たとえ買ってきた弁当だったとしても、公平と一緒に食べることでつむぎは満足していたかもしれない、と感じました。

もちろんおいしい料理に越したことはないですが、食事に大切なのは、おいしい料理よりも誰かと一緒に食べること、を教えられた気がしました。

僕個人の意見ですが、やっぱり1人で食べるよりも誰かと話ながら食べたほうがおいしいですし、食事をする環境が良ければ、そこで食べる料理もおいしく感じられ、悪ければ不味く感じることは実際に起こるものだと思います。

(1人飯もしますしそれを否定しているわけではありません)

 

それにしてもつむぎの「食べるとこ見ててー」にはやられました。

甘々と稲妻1 1甘々と稲妻1 6甘々と稲妻1 3甘々と稲妻1 4

出典:© 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会 TVアニメ「甘々と稲妻」第1話より

可愛すぎるぅぅぅ!!!!!!!!!d(´▽`)b

 

声優のキャスティングについて

甘々と稲妻1 8

出典:© 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会 TVアニメ「甘々と稲妻」第1話より

今回登場した主要メンバー3人について少し。

上の画像左から順に、

犬塚公平(CV.中村悠一)

抜群の安定感といいましょうか。優しさと素朴さが溢れ出ていて素晴らしかったです。感情的になるシーンも然り。

犬塚つむぎ(CV.遠藤璃菜)

第一印象はそんなに良くなかったというのが本音です。「耳に馴染まなかった」って感じですね。それでも聞いているうちに愛おしくなってきてもはやつむぎの虜になっております(笑)

遠藤璃奈さんは現在10歳で子役として活躍する人です!声優としての出演は少ないですが「ばらかもん」の久保田陽菜 役で巷では有名らしいですね。

子ども役が得意な声優さんをあてずに、あえて子役が本業の子をキャスティングしたのは良かったかなって思っています。

なぜなら、つむぎの年齢に近い人が演じることで、より自然な子ども感を出すことに成功していると思うからです。実際は大人である声優さんの演技だと、どこかあざとく聞こえてしまう部分もあるかもしれません。

飯田小鳥(CV.早見沙織)

はやみんははやみんです!!

出たー!!!って思いましたが、こういう優しい雰囲気の作品に彼女の声はぴったりですし、一生懸命だけれどどこか不器用なところのあるキャラクターをやらせると天下一品ですね( ̄ー ̄)bグッ!

 


みなさんの感想

最後に

毎週癒されにこよーっと♪

そんな作品ですよね。

イメージで言うと「よつばと!」と「ワカコ酒」を足して2で割った感じ!!??

ちがうか・・・

 


TVアニメ「甘々と稲妻」公式ウェブサイト

<CAST>

犬塚公平:中村悠一
犬塚つむぎ:遠藤璃菜
飯田小鳥:早見沙織
小鹿しのぶ:戸松遥
八木祐介:関智一
飯田恵:新井里美
犬塚多江:茅野愛衣
ゆうか:久我心麦
ハナ:安藤紗彩
ミキオ:鶴翔麒

<主題歌>

オープニングテーマ「晴レ晴レファンファーレ」みみめめMIMI
エンディングテーマ「Maybe」Brian the Sun

<STAFF>

原作:雨隠ギド(講談社「good!アフタヌーン」連載)
監督:岩崎太郎「一週間フレンズ。」「薬師寺涼子の怪奇事件簿」
シリーズ構成:広田光毅「幕末Rock」「新・テニスの王子様」
キャラクターデザイン:原田大基「とある飛空士への恋歌」「ささみさん@がんばらない」
美術監督:山口雅範
色彩設計:土居真紀子
撮影監督:塩川智幸
編集:今井大介
音楽:戸田色音
音響監督:たなかかずや
オープニングテーマ:「晴レ晴レファンファーレ」 みみめめMIMI
エンディングテーマ:「Maybe」 Brian the Sun
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
企画協力:シンエイ動画
製作:「甘々と稲妻」製作委員会
© 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

 

以上、キンジ(@areluja1)が担当しました。
Twitterも更新していますのでフォローお願いします♪

 


Pocket