Pocket

91Days(ナインティワンデイズ)5話の感想になります。

 

5話「血は血を呼ぶ」

今回のあらすじ

“オルコファミリーからの追手を退け、逃亡を続けていたネロとアヴィリオ。いつものようにネロがバルベロに連絡を入れると、抗争に新たな動きがあった。オルコがヴァネッティファミリーとの手打ちを望んでいる。だが、すぐにローレスの街へ戻るのは得策ではないという。そこでネロとバルベロは2日後にロッジで合流しようと申し合わせる。”

引用元:91Days公式サイト

 

この2人を見てコルテオは何を思う?

9151

出典元:「91Days5話」©91Days

 

アヴィリオとネロの2人いいコンビに見えてきました。前回の敵襲があったときも2人の協力で命拾いしましたし。(止めはおじさんがしましたけどね)

アヴィリオにとって復讐の相手となるのは、やはりどこか辛いものがあります。アヴィリオの家族を襲ったのも嫌な仕事だったという風な表現、これを聞いた時のアヴィリオの心には何か変化があったらいいなぁ~。

この2人を見ている時のコルテオはどう思ったのか?

 

9152

出典元:「91Days5話」©91Days

 

この驚きの表情。アヴィリオはいつも見せている不敵な笑みではなく、思わず本心で笑っていそうな様子だったからか?

もしかしたらアヴィリオの中にある復讐心に揺らぎが生じるかもしれないと思ったのかもしれません。

ネロを殺す時期を気にしたりしていたのも、長く付き合えば更に辛い思いをすると分かっての気遣い。それとも何か他に秘密があるのか?

コルテオは自分なりに考えがありそう・・・。

 

フラテがまさかの行動!
何て事をやらかすのか・・・。

9153

出典元:「91Days5話」©91Days

 

ヴァネッティ・ファミリーとオルコ・ファミリーの手打ちの為に条件を呑んだフラテ。しかもその条件が「ネロの命」、実の兄なのに構わないと言わんばかりのフラテに恐怖しました。

どんな気持ちで決心したんだろうか。自分のファミリーのためを思っての行動だけど、優しそうな雰囲気とは裏腹に容赦ないみたいです・・・。

兄を取るか、ファミリーを取るか悩んだとは思うけども奇襲がいきなりでしたし、お別れの一言もない。このままネロとフラテの一騎打ちも行われたりするのかもしれません。

 

ティグレを救う!
まさかこの男が協力してくれるの?

9154

出典元:「91Days5話」©91Days

 

ティグレのおかげで命が救われたネロ、でも重傷を負ってしまう。いつも彼はやられ役のイメージだったけど、今回はかなりのヒーローでした。

撃たれてしまいましたが!

救うためには医者が必要という事で、まさかファンゴに協力を依頼するとは思いませんでした。相変わらずの暴走気味なファンゴだけども今は追われる側、そしてネロ達も追われる側。こりゃ意外と上手くいくんじゃない?

完全に交渉はアヴィリオの独り舞台みたいな印象だったけど、2人の性格を読みきっていて素晴らしかったですね!

次回からファンゴも含めファミリーとどう向き合っていくのか楽しみです!

 

皆さんの感想


 

最後に

ファンゴが出てくると雰囲気が確かに変わりますね。今までいがみ合ってたけど協力したらかなり頼りになりそう!

段々と復讐への時が近づいていると考えてしまったら、話数が進むたびにドキドキするのは何でだろう?

 

メインキャスト

アヴィリオ/近藤隆

ネロ/江口拓也

ヴァンノ/小野大輔

コルテオ/斉藤壮馬

ファンゴ/津田健次郎

フラテ/西山宏太朗

ロナルド/中村悠一

バルベロ/櫻井孝宏

ヴィンセント/山路和弘

 

91Days公式サイト

 

こちらの記事は
トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket