Pocket

91days(ナインティワンデイズ)10話の感想になります。

手紙の送り主がまさかのガンゾと発覚し、復讐劇もいよいよ終盤を迎えそうですね。

ネロも益々残酷さを増してきている様子が伺えますし、アヴィリオはネロを見て何を思っているのか。最終回にはこの2人の対決が可能性としては高いでしょう。まさかの展開も考えられますが・・・。

今回のラストは辛すぎました。これで復讐において更に熱が上がるのは必至。

 

10話「誠実の証」

あらすじ

“ドン・ヴァネッティの座を継いだネロは、ファミリーの勢力拡大の布石としてドン・ガラッシアに「ローレスへブン」を届けたいという。その役をアヴィリオが任されることになった。ファミリーの者たちが依然としてコルテオの行方を探す中、トランクを抱え乗船するアヴィリオ。コルテオはどこにいるのか? そして、アヴィリオに手紙を送った人物の目的とは?”

引用元:91days公式サイト

 

コルテオとデート!?

91101

出典元:「91Days10話」©91Days

 

ガンゾはやはりコルテオを匿っていました。アヴィリオはガラッシアの元へ行くため、ネロ達にばれないようにコルテオも同行することに。
久しぶりに家へ帰ってきたアヴィリオ。コルテオは彼といると非常に嬉しそうで、久しぶりにこの平和な時を見た気がします。

男2人で買い物も良いですな。コルテオとしてはアヴィリオと迎えたこの瞬間はとても幸せだったはず。本当にマフィアの世界には関わってほしくなかったのだろう。

 

ガンゾの狙い

91102

出典元:「91Days10話」©91Days

 

ファミリーでは不動の地位を築いている男だけど、やはりトップの座が欲しいのだろう。というかローレスの町が欲しいと言うが、本当に目的はそこまで大きくないのか?

ヴィンセントが地位をネロに譲り、絶好のチャンスが巡ってきたとこでアヴィリオに始末を望む。でもヴィンセントは死にそうなくらい体が弱っているように見えるのだけど。
確実にトドメを指してほしいという意思が伝わる!そんな気がします。

実は裏で動いていたこの男だが、何となくアヴィリオに始末されそうな予感。もしくはネロが感づいて直接手を下すかもしれませんね。

 

非情の選択!

91103

出典元:「91Days10話」©91Days

アヴィリオは確実に復讐を成し遂げる。

コルテオとグルだったことを疑われ、バルベロに銃を向けられるアヴィリオだが、その窮地に現れたのはコルテオ。
ここからの展開は見ている側も辛かったというのが率直な感想でしょう。

疑いを晴らすにはアヴィリオの手でコルテオを殺せと、非情な選択をネロは委ねる。フラテの一件からネロの性格が変わったような気もします。残酷さが増したのは確実。

このコルテオ出現まで導いたのはガンゾ。アヴィリオの窮地を救うためとはいえ、この選択は正しかったのだろうか。

親友を撃つのにためらうアヴィリオだが、コルテオは満足気。なんでこんな状況でも笑っていられるんだよ!!素直にそう思いました。
コルテオが最後に見せた小さいころに交わしていた手のやり取り。もはやこれまでか。

 

9110491105

出典元:「91Days10話」©91Days

 

コルテオを撃ち不気味な笑みを見せるアヴィリオ。今まで見せた笑顔とは一味違う!これでネロを殺すことに何のためらいもなくいきそうだ!
いや、もはやファミリー全員の始末といったほうが正しいかも。

アヴィリオは全てが片付いたらどうするのだろう?

 

皆さんの感想

 


 

最後に

アヴィリオは完全に迷いが泣くなった顔ですね。まさかネロがあのような非情の選択をさせるとは思いもしませんでした。
どこか優しさも兼ね備えているような男のイメージだったので。

決着は劇場の場だろうか?おそらく全員が集まった時に勝負が決まりそう。

 

メインキャスト

アヴィリオ/近藤隆

ネロ/江口拓也

ヴァンノ/小野大輔

コルテオ/斉藤壮馬

ファンゴ/津田健次郎

フラテ/西山宏太朗

ロナルド/中村悠一

バルベロ/櫻井孝宏

ヴィンセント/山路和弘

ガンゾ/天田益男

 

91Days公式サイト

 

こちらの記事は
トーマ(@7sqki_laura)が担当しました。


Pocket